3人に1人が「睡眠障害」で悩んでいます

 

 

 過去40年間をみると、日本人の睡眠時間は50分も短くなっていることをご存知ですか?

 なぜ、睡眠時間が減っているのでしょうか。

日本全体がモーレツに働いていた1980年代半ばまでは、仕事の時間が増えていることから、睡眠を削ってまでも仕事に打ち込んでいた姿がうかがえます。

それによって高度経済成長がもたらされ、社会が豊かになってきたのですから、眠らずに頑張った甲斐があるといえるでしょう。

 今回は、睡眠障害について少し考えてみたいと思います。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!



ほんブログ村 

 

睡眠に満足していますか?

 生体リズムには1日周期のほかに、1週間周期のものもありますから、週単位で睡眠の過不足をなくすことは、自然の摂理にかなっていますよね。

しかし、休日の朝起きる時刻が平日と2時間以上違うと、体内時計が狂ってしまって、【ブルーマンデー】の原因になりかねないので、注意が必要です。

 最近では、「通勤通学以外の移動」、「趣味・娯楽・学習・スポーツ」、「身の回りの用事」に使われる時間が増加しています。

この3つを合わせると、過去30年間で、男性の場合で42分、女性の場合は62分の増加となっています。

「通勤通学以外の移動」というのは、旅行やレジャーでの移動のことですから、現代日本人は、趣味や娯楽、スポーツ、人との付き合いなど、仕事や家事以外で自分がしたいことをするために、睡眠時間を犠牲にしているわけです。

 睡眠時間を削り続けている日本人ですが、現在の眠りに満足できているでしょうか?日本睡眠学会の調査では、日本人の半分以上が、睡眠に何らかの不満を持っていることがわかります。

 また、よく眠れている人の中にも、睡眠の質に不満を持つ人がかなりいるようです。

睡眠の満足度を年齢別に見た調査もあります。男女とも年齢が増すにつれて、睡眠に対する満足度が低下していきます。

男性では、緩やかに同じ傾きで低下します。

女性では、40歳代までは男性とほぼ同じパターンとなりますが、50歳を境に急激に不満が増加します。

この男女による違いは、更年期前後の女性ホルモンの急激な減少によるものではないか、と考えられています。

 また、就寝前にネットやテレビなどのメディアを長時間利用する人ほど、寝不足を訴える割合が高いことがわかりました。

メディアの利用が、睡眠時間に与える影響はわずかですが、ディスプレイ画面の光のちらつきが、それを見ている人の覚醒レベルを下げてしまい、寝付きが悪くなったり熟睡しにくくなったりして、睡眠の質が悪くなるようです。

眠らないと、人はどんどん弱っていく

 人が眠っている間には、レム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されます。レム睡眠は体が休んで筋肉が緩むので、「ぐったり眠っている状態」であり、ノンレム睡眠中は脳が休んでいるので、「ぐっすり眠っている状態」です。

 脳にとってノンレム睡眠は疲労を回復する眠りで、レム睡眠は休息と目覚めを橋渡しする眠りともいえます。

休息中の脳の中では、老化の原因の1つである過酸化物質の分解が盛んに行われます。

 つまり睡眠は、脳の解毒を行って、脳細胞が死なないようにしている時間でもあるのです。また、睡眠は記憶の面でも、重要な働きをしています。試験の前日に徹夜で勉強しても、思ったほど良い成績はとれません。記憶とその再生には、睡眠が欠かせないからです。

 眠っている間に、新しい事柄を脳の記憶装置に書き込んだり、記憶の保存場所にアクセスしやすいように、神経細胞のネットワークを最適化したりしています。

ノンレム睡眠は脳の休息、レム睡眠は体の休息

 先程も少しふれたように、睡眠には2種類あります。

脳が休む睡眠である「ノンレム睡眠」と体が休む睡眠である「レム睡眠」です。

ノンレム睡眠は眼球が動いていない状態、レム睡眠は眼球が急速に動いている状態です。

 もう少し詳しく説明すると、レム睡眠とは、体が眠っているにもかかわらず、脳は活動している状態にある睡眠です。

筋肉は弛緩状態にあって急速眼球運動のほかは体はほとんど動きません。

外見的には眠っているにもかかわらず、脳は覚醒状態にあるのです。

 夢を見ている状態の多くは、脳が活動しているレム睡眠のときです。睡眠自体は浅いのですが、体は休息している状態です。

記憶を定着する、ストレス処理をするなどの大切な役割があります。

 それに対して、文字通り急速眼球運動がない、脳が休んでいる状態がノンレム睡眠です。

このとき体の筋肉の緊張は保たれています。副交感神経が優位で心拍数も低い状態です。

 人間の脳は体重の約5%の重さですが、基礎代謝は20%もあり、それだけエネルギーを使うのです。つまり、起きているときは、脳はそれだけ働いているわけです。

 ノンレム睡眠とレム睡眠は1セットで、ほぼ90分周期で交代で出現します。起床までにノンレム睡眠・レム睡眠のセットが4~5回繰り返されます。

 レム睡眠は進化の上では、ノンレム睡眠よりも古い睡眠と考えられています。

実際、魚などは眠っている状態のときはレム睡眠なんですね。

ノンレム睡眠は脳の進化にともなって、脳を休めないといけないという必要性から発達してきた睡眠なのです。

 

ノンレム睡眠は【脳を休める睡眠】と覚えておいてくださいね。

 

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

twitterはじめました~!

薬剤師ニュース配信くん
薬剤師ニュース配信くん

ちょっとお知らせです。薬剤師にかかわるニュースを色んな配信元から収集して、ほぼリアルタイムでつぶやくtwitterをはじめました。

その名も【薬剤師ニュース配信くん】です。

ココさえチェックしておけば、「え!?そんなニュースあったの?」なんて、職場で恥ずかしい思いをすることもありません。よかったらフォローして下さいね。

薬剤師ニュース配信くんはコチラ

 

3人に1人が「睡眠障害」で悩んでいます ︎
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。