抗がん剤はがん細胞の性質を逆手にとる

 現在、「乳がん」治療を続けているフリーアナウンサーの小林麻央さんが、公の場で「がん」であることを発表して以来、初めて、ブログを通じて自身の気持ちを語って、ネット上でも大きな話題になっています。

これだけ話題になるということは、やはりがんは身近でありながら、命にかかわる疾患であることを現しています。

 

 今回は、がん細胞や抗がん剤について、少し考えてみたいと思います。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!



ほんブログ村 

 

がんってどんな病気?

 がんは、”遺伝子DNA”の病気です。

細胞中の遺伝子が1回、あるいは何回か変異を起こした結果、細胞分裂が止まらない状態になったものが、がん細胞です。

体の中でたった1個の細胞ががん化すると、それは2個、4個と次々に増殖し、とどまることを知りません。

がんはまもなく周囲の組織に広がり、さらに血液やリンパ液に乗って他の臓器に転移します。全身に転移したがんは急速に成長して臓器や器官を圧迫・破壊していき、ついにはその人間を殺してしまいます。

 現在、がん治療に使われている抗がん剤の大部分は、がん細胞が急速に分裂・増殖するという性質を逆手にとったものです。抗がん剤は、がん細胞が遺伝物質DNAを合成するのを妨げ、それによって細胞の増殖をストップさせ、がん細胞を死に導きます。盛んに分裂・増殖し、たびたびDNA合成を行うがん細胞は、それだけ抗がん剤によって殺傷されやすいことになります。

 しかしこれは、正常な細胞でも盛んに分裂していれば、抗がん剤によって傷つくということも意味します。口の中や胃腸の粘膜、毛根の細胞、骨髄の血球をつくる細胞(造血幹細胞)などは絶えず活発に分裂・増殖をくり返しているため、抗がん剤によって容易に損傷します。抗がん剤によってひどい嘔吐や下痢をくり返したり、髪がすっかり抜け落ちたり、口や喉に炎症が生じるのはこのような理由からです。

 日本で使用されている抗がん剤は、現在なんと100種類にも上ります!こんなに多いの?!と思いますよね~

が、大部分は、増殖する細胞に対して強い毒性を持っています。

そもそも大部分の抗がん剤は細胞毒性を持つ毒物です。

それらは西洋イチイやニチニチソウなどに含まれるアルカロイド(植物毒)や、土壌細菌から見つかった抗生物質など多種多様です。

がん細胞は薬剤耐性を獲得する3種類のステロイドのはたらき

 抗がん剤を用いるがん治療は、化学物質を使うことから化学療法とも呼ばれます。この治療は、がんを切除する手術、および高いエネルギーの光や粒子をがんに照射してがんを破壊する放射線治療と並んで、がん治療の三本柱と呼ばれています。

 化学療法が急速に進歩してきたことにより「がん=死」という単純な図式は過去のものとなり、少なくともがんの一部は治る可能性のある病気となっていますよね。

たとえば小林麻央さんが闘病中である乳がんは、1970年代頃まで、手術でがんを切除してもその後非常に再発しやすく、再発によって死亡する可能性が極めて高かったのです。しかし現在では、手術の前や後に化学療法を追加する事によって大部分の患者が治癒し、再発する可能性も低くなっています。

 また、進行が早いためにかつてはほとんど助からなかった小児のがんも、いまでは半分以上の患者ががんを克服できるようになっています。こうした一部のがんでは、抗がん剤が不可欠になっているのですよね。

 現在の抗がん剤治療では、一般にいくつかの種類の薬を併用する多剤併用療法が行われています。

性質の異なる抗がん剤を併用すると、単独の薬を使う場合よりも治療効果が向上するからです。

ほとんどの抗がん剤は、がん細胞の増殖を妨げることによってがん細胞を殺しますが、その仕組みは以下のようにさまざまです。

 

1.遺伝子の本体DNAの2本鎖を結びつけ、DNAが複製できないようにする

2.DNA複製を助ける酵素のはたらきを妨げる

3.DNAの材料に混ざってDNAの鎖に取り込まれ、DNAの複製を止める

4.細胞が2つに分裂するときに必要な分子を壊す、

 

などです。

 各薬がそれぞれ異なる仕組みでがん細胞を攻撃すれば、それだけがんに対する殺傷力が高まると考えられているのです。

また、複数の薬を用いると、個々の薬の使用量を減らすことができます。これによってそれぞれの薬の副作用が分散し、全体として副作用を軽くすることが出来るんです!

 

がん細胞の悪性化

 とはいえ、がん細胞は悪性化するため、治療を始めた当初はがんが小さくなり治癒に向かうように見えても、そのうちに抗がん効果が低下していくことが少なくありません。

 

がん細胞は一般に、傷ついた自分のDNAを修復する能力や、傷を修復できないときには自殺(アポトーシス)するという細胞本来の性質を失っています。そのため増殖するたびに悪質さを強め、いっそう増殖しやすく、いっそう自殺しにくく、いっそう転移しやすい性質を獲得していくのです。

 抗がん剤によってがん細胞のほとんどが死んでも、細胞集団の中のたった一個が抗がん剤の攻撃に耐え抜けば、それがふたたび増殖し始めます!このとき生き残ったがん細胞は、すでに抗がん剤に対する抵抗力(薬剤耐性)を身につけており、いわば抗がん剤が、より強靱ながん細胞を生み出してしまったともいえます。

 こうして薬剤耐性を持つに至ったがん細胞には、それまで使っていた抗がん剤はもはや役に立ちません。腎臓がんや肝臓がん、一部の肺がんのように抗がん剤が効きにくいがんは、がん細胞がもともと薬剤耐性を持っているからなのです。

 いったん薬剤耐性を手に入れたがん細胞と闘うことは、極めて困難です。それまでとは異なる仕組みで働く薬を使うか、あるいは重い副作用を覚悟してより強力な抗がん剤を大量に投与するしかありません。

しかし大量の抗がん剤を投与すれば、正常な細胞も大量に傷つきます。とりわけ、このような強力な抗がん剤治療を行うと、骨髄の中の造血幹細胞が死に絶え、白血球や赤血球などの血球が作られなくなるため、治療後には骨髄移植(造血幹細胞移植)を行う必要が生じます。

 薬剤耐性を持つがん細胞では、自分にとって有害な物質を細胞の外に排出する巧妙な仕組みが出来上がっています。

また、抗がん剤によって遺伝子が少々傷ついても簡単には死なない能力を持っています。そこでいま、こうした仕組みに合わせてがん細胞の薬剤耐性を無効にする薬が開発されています。

 こうして見ると、抗がん剤治療にはひとつの鉄則があることがわかりますよね。それは、最初になるべく強力な治療を行って、薬剤耐性を出る前のがん細胞をすべて殺してしまうことです!

 細菌を殺す抗生物質のように、がん細胞だけを殺す薬をつくれば、副作用はほとんどないとも考えられます。

しかしがんは、ウイルスや細菌のように外部から体内に侵入して「外敵」ではありません。体を構成する自分の細胞が変化して生じた「内なる敵」です。

そのため正常な細胞とがん細胞の違いは小さく、外敵には敏感に反応して体を防御する免疫システムでさえ、多くの場合、がん細胞を見逃してしまいます。がん細胞だけにねらいを定めることは至難の技といえます。

 がんとは、このように現代でも未だ大病といわれている病気です。

生活習慣を正したり、ストレスを溜めないなど、日々の生活面を気をつけることも大事ですね。

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

twitterはじめました~!

薬剤師ニュース配信くん
薬剤師ニュース配信くん

ちょっとお知らせです。薬剤師にかかわるニュースを色んな配信元から収集して、ほぼリアルタイムでつぶやくtwitterをはじめました。

その名も【薬剤師ニュース配信くん】です。

ココさえチェックしておけば、「え!?そんなニュースあったの?」なんて、職場で恥ずかしい思いをすることもありません。よかったらフォローして下さいね。

薬剤師ニュース配信くんはコチラ

 

抗がん剤はがん細胞の性質を逆手にとる ︎
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。