調剤併設型ドラッグストアいじめ

 昨年からドラッグストア業界がざわついています。

現在、ドラッグストアでは店舗販売業の許可が必要となっております。

一方、調剤併設型ドラッグストアでは調剤するスペースにおいては薬局、雑貨やOTCを販売するスペースにおいては店舗販売業と二重申請をする事となっております。

何故こんなに面倒な事になってしまったのでしょうか。

色々な角度からこの件について考察していきたいと思います。

それでは、今回も愚痴のはじまりはじまり〜!

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!



にほんブログ村 

 

二重申請する事による実際

 まず、二重申請しなければならない理由とは一体何なのでしょうか。

それは、定義にあるみたいです。

 薬局とは薬剤師が調剤を提供する場であってOTC医薬品等を販売する所ではないとされています。

よって、薬局だけの登録となると、万が一薬剤師が不在の際はドラッグストアを閉店しなければならないという事です。

そこで、薬剤師不在時でも雑貨やOTC医薬品を販売する事が可能となるように、店舗販売業の許可もとる事が当たり前となってしまった訳です。

でも、この制度のお陰で多くの問題が発生してしまいました。

 例えば、二重申請をしたとして第2・3類医薬品を基本登録販売者に売ってもらう為に、OTCを店舗販売業のスペース内にして登録したとしましょう。

そして、薬剤師Aさんを薬局の管理薬剤師として登録した場合、Aさんは第2、3類医薬品を売る事が認められない事になるのです。

逆に薬剤師Bさんが店舗販売業の管理薬剤師にしてしまったら、Bさんは薬局で調剤する事ができないと言う訳です。

こんなアホな事あるかい!って話です。

 では、お客さんが第2類医薬品を手に持ってAさんに質問をされたら何といったら良いのでしょうか?

「すいません。法律上私からご説明しかねますので、登録販売者にお聞き下さい。」って事になりますよね〜!何ですか〜これは〜!

しかも、この二重申請による指導を受けた所によっては、「従業員が薬局と店舗間を直接行き来出来る構造は認めない」と言うのもあり、トイレや休憩室に行くにも通過してはならないというのですよ!

これでは、まるで薬局と店舗は別会社扱いです!

 また、こんな不自由さを感じているのは従業員だけでなくお客さんにも影響していきます。

先程にもありましたように、お客さんは薬局の薬剤師にOTC医薬品の相談する事はできないと言う事がまずあります。

また、他には「薬局で調剤を受けた患者が買い物もしたい場合は、一旦外に出てから店舗に入るよう案内する事」と指導を受けた店舗もあったそうです。

患者からしたら、こんな無駄な決まりなんて知ったこっちゃありませんよねー。

二重申請の真の目的

 結局、この二重申請の真の目的は2つ見えてきます。

 まず1つ目は1人薬剤師を完全否定している事が挙げられます。

今後もこのような事を続けていたら、売上げの低い調剤併設ドラッグストアは従業員にとっても患者にとっても不便な事だらけの店舗であり閉店をせざるを得ない状況に陥る可能性だって十分あります。

せっかく薬剤師が少ないという事で登録販売者が誕生し、新たに店舗販売業という制度が設けられたのにも関わらず、こんな事をしていたら登録販売者の意味が全くわかりません!

そして、2つ目はドラッグストアのような便利な所で買い物した患者が、ついでに処方箋調剤を受けてしまう事を阻止する為の措置にも捉えられます。

えっ何がいけないの?って思いますよねー。

その通りなんです!私もそう思いました。

考えられるとしたら、恐らくこれは昔の調剤ポイントと同じような考えで、患者の誘導に繋がるという意味規制しているのではないかと思います。

健康サポート薬局と調剤併設ドラッグストアの違い

 では、処方箋獲得の為に患者の誘導がNGだとしたら、かかりつけ薬剤師制度は患者の誘導にはならないのでしょうか。

 かかりつけ薬剤師なんて、簡単に言ってしまえば患者のご指名制で成り立ちます。

 先程の例に戻りますが、お客さんにとってA薬剤師がかかりつけ薬剤師だとしたら、OTC医薬品の購入する際の相談はそれでも認めないと言う事になるのでしょうか。矛盾してますよねー。

 そして、今後の展開される健康サポート薬局に関しても矛盾が生じてしまいます。

私は以前に健康サポート薬局は、つまり調剤併設ドラッグストアのようなものであり今後目指すべき薬局であると言いました。

果たして、間違っていたのでしょうか?

国が目指しているのは、地域に密着した便利な薬局ではなかったのでしょうか。

 最近、日本チェーンドラッグストア協会が、薬局の登録だけにして調剤を行わない時間帯は調剤室を閉鎖するという形にし、登録販売者がいれば第2・3類医薬品を販売出来るよう国に提案し、会議が開かれていましたが「薬剤師の職能の縮小に繋がる可能性がある。規制緩和の是非を考えていく必要がある」として国は躊躇しています。

でも、私からしたらそもそも登録販売者を作り上げた時点で、既に薬剤師の職能を縮小していると思うのです!

今、国がしている事はただのドラッグストアイジメみたいなものです。

 いち早くこの規制緩和が行われるよう期待しています。

愚痴ばっかりになってすいません。

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

調剤併設型ドラッグストアいじめ
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。