国は何がしたい?

 4月からずっと調剤薬局で話題となっています「かかりつけ薬剤師」ですが、いまだに落ち着く気配がありません。

 調剤報酬改定に伴う薬局施設基準の届出が4月14日付で締め切られましたが、皆さんの薬局では問題なく通りましたでしょうか?

 実は他の届出は通っても、かかりつけ薬剤師の届出が通らない薬局が全国的に多発している事が調べて分かりました。

再提出期間が設けられていますのでそこでクリアできたらまだいいのですが、最悪な場合は再提出すらも受け付けない厚生局もあるそうで、既にかかりつけ薬剤師指導料等を算出していたので返還する事が確定してしまった苦しい薬局もあるそうです。

 では、どうしてそのような事になっているのか考えてみましょう。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

 


にほんブログ村

かかりつけ薬剤師までの険しい道のり

 かかりつけ薬剤師になる為には、患者さんの同意を得る事や24時間体制をとる事等の項目がある「算定要件」と、認定薬剤師を取得する事や当該薬局に6カ月以上在籍している事等の項目がある「施設基準」というのがあります。

 まだかかりつけ薬剤師になれていない人は、これから頑張って研修認定を取得して、どうやって患者さんの同意をとろうか?

また、どうやって24時間体制に取組んでいこうか?と、考え中だったかもしれませんね。

少なくとも私はそうでした。

 でも実はそれ以前の問題が生じていたのです。

なんと「施設基準」となっている「医療にかかわる地域活動の取り組みに参画している事」という内容で、ことごとくかかりつけ薬剤師の届出が突き返されているのです。

 正直、普通に「各種講演や研修会、住民に対する相談会に参加した」のような活動を書いておけば通るものだとばかり思っていましたので、今回の騒動はまさに意表を突かれた気分でした。

私も3月31日に発表されました厚生労働省の疑義解釈をじっくり読んでみたのですが、行政機関や医療関係団体や学校薬剤師と単語を並べており、結局共通して言いたい事は「薬剤師会に入らないとかかりつけ薬剤師にはなれないんですよー」と言っている様にしか聞こえないのです。

これは裏の解釈をしてしまえば、薬剤師会に入ってなくてもとりあえず「薬剤師会」という言葉を地域活動に入れておけば通るのかっていう話になりますが…結局の所、薬剤師会に入ればすむんやろーって話になるのですが、これがまた気軽には入れないのです。

 なんせ会費がメチャメチャ高いのです!この謎の誘導は、やはり私には厚生労働省と薬剤師会の間に何らかの大人の事情がある様にしか思えません…とにかくかかりつけ薬剤師になる事は簡単ではなさそうなのです。

統一性のない判断基準

 では、これではほんの一握りの薬局しか無理ではないかって事になる訳ですが実はそうでもありません。

全く同じ内容で提出しても厚生局によっては、通ったり通らなかったりとまちまちなのだそうです。「厚生局によって」というだけでもどうかしていると思いますが、ひどい場合は「同じ厚生局でも人によって」という所もあるのだそうです!

 例えば、「使い済み注射針水銀体温計の回収」がOKな所もあれば「注射針の回収は薬剤師会から委託を受けたものでなければダメ」であったりと判断基準がバラバラなのです。

これではもはや何が正しいのか全くわかりませんよねー!

昔、店舗販売業の改定で第1類医薬品等のリスク区分が行われた際も似たような事がありました。

 とあるドラッグストアチェーンの話ですが、ある店舗でリスク毎にプライスレールに色紙を入れて分かりやすく色分けをしなさいと言われました。

そこで別の地域の店舗で、同じように対策をしたら今度はリスク毎に仕切り板を入れて下さいと言われたのです。

ここでも、厚生局によって言っている事がバラバラだったのです。

考えられる原因

 厚生労働省は同じ内容を各厚生局に伝えているはずなのに何故このように店舗によってバラバラな指摘を受ける事になってしまうのでしょうか?

まず考えられるのが、厚生労働省の言っている事が具体的ではないのでは?という疑いです。

実際、私が疑義解釈を読んでも曖昧な表現ばかりでした。

これだと厚生局の解釈も難しかったのではないかと思います。

 そして、何故具体的に伝えないのかというと、新しく大幅改定を行うにあたり、明確な目標が定まっていない為に探り探りになってしまうのだと考えられます。

もしかしたら、予想をはるかに上回るかかりつけ薬剤師の申請があった事によって「薬局に対しマイナス改定を行ったのに、このままではプラス改定になってしまうのではないか」という不安を感じたのでしょうか。

何にせよこれでは、薬局側からしたらたまったもんではありません!

なんせ、せっかく国の目指す「かかりつけ薬剤師」に対して薬局側は頑張って増やしていこうと考えていたのになれないわけですから。

 将来の超高齢化社会に対応する為の第一歩となる大幅改定でしたが、国が曖昧になってどうするのでしょうか。

 やるからにはしっかり芯を強くもって行って頂きたいものです。

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

国は何がしたい?
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。