残薬に対する意識改革

皆さんは処方薬、OTCやサプリメントなどの相互作用や副作用などの問題を薬剤師がチェックし危険性を見つけて、早期発見・早期対策につなげるプログラム「ブラウンバッグ運動」をご存知でしょうか。今回の調剤報酬改定でもかかりつけ薬剤師の算定項目や外来服薬支援の算定にもちらっと出ていますよねー。それとは別に最近「節薬バッグ運動」というあまり聞き慣れない運動が密かに話題となっています。今回はこの節薬バッグ運動に着目し、一体どういうものなのか、残薬に対する薬剤師の取り組みと今後の課題について少し考えてみたいと思います。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!


にほんブログ村

節薬バッグ運動とは

節薬バッグ運動は、福岡県で始まったとされています。医療費の増加が問題視され昨今、その対策に様々な事が検討・実施されてきました。その一つとして行われたのがこの節薬バッグ運動です。

 

これは、節薬バッグという専用のバッグを患者に配り、自宅に残っている処方薬をそのバッグに入れて薬局に持ってきてもらおうという試みです。

 

そして持って来られた節薬バッグの残薬を薬剤師がチェックし、担当の医師と連携して、処方量の調整を行います。福岡市で試験的に導入したところ、たちまち好評となり、次第に周辺地域に拡大していったそうです!なんとその結果、2013年の薬剤費のうち約2割近く削減されたとの発表があったそうです!まさに、節薬バッグ運動が着実に根付いてきている証拠だと思います。

 

残薬の医療費って一体どれくらい??

はっきりとした数字は算出されていませんが、最近宮崎県薬剤師会が発表したニュースから引用すると、県内で患者の飲み残した薬を点検した結果、1ヶ月で約847万円分の薬が飲まれないまま自宅に残っていたそうです。

 

 このうち、再利用できる薬を除いたら、なんと約736万円の薬剤費削減効果が出たそうです! 

今回宮崎県だけの例なので、これを全国規模でみたらもっと膨大な医療費削減効果が表れるのでしょうねー。

医療費だけではない残薬の問題

このように医療費削減として残薬の問題が最も重大となっていますが、残薬によって他にも問題が生じます。

 

それは、医師や薬剤師が指示をしていない薬が使用されてしまうという点です。「いつか必要になるかもしれない」という考えで使わなかった余った薬を家の中で保管している人は意外に多く、症状が出た際に自己判断でその薬を使用しているという人がいるのも事実です。

 

特に風邪薬や解熱・鎮痛剤などの薬は家族にあげている人も多いのではないでしょうか。こうした行為が危険であることはもはや言うまでもありませんが、実際はこのような事が普通に起きてしまっているのです。

残薬発生の原因

話は戻りますが、節約バッグ運動は患者が飲み残した薬を、有効活用するための取り組みです。では、そもそも残薬が発生する原因は何なのでしょうか?ほとんどの方が「うっかり飲み忘れた」とか「治ったから飲まなくてよくなった」ではないでしょうか。

 

また、これ以外には痛み止めや解熱剤、胃腸薬など、「症状が重いときに使う」頓服薬が余ってしまうケースもあるでしょう。

外用剤でもこうした傾向が強いようです。

 

そして、「病院・薬局に行くのが面倒くさい!」「無駄にお金を取られる!」「薬を貰うまでに時間がかかる!」「いつか使うかも!」という理由で捨てずにとっておく人が多いようです。

 

 

つまり、残薬の原因のほぼすべてが、患者本人にあるという事です。かといって、この問題を患者だけに押し付けて解決する問題ではないと私は思います。

患者の意識改革の為に

 今でこそ薬歴記載項目に残薬確認が加わり、薬剤師も意識するようになりましたが、実際それによってどれだけ医療費が削減され、残薬減少につながったのかどうかは疑問点が残る気がします。

 

 また、4月からの調剤報酬改定でも処方箋の備考欄に残薬確認の項目が表示されました。国側からは良かれと思っての変更なのでしょうが、薬局側からみたら、今までの薬歴記載項目の残薬確認とそんなに変わらないシステムなので、とても残薬減少につながるとは思えません。

 

その点、余った薬を直接持って来てその場で調整する事に着目したこの節薬バッグ運動は、無駄なステップがなく画期的なものだと思います。

 

患者が、いつまで経っても飲まずに置いておいた残薬が、どんどんと医療費の余剰負担になってしまうことを考えると、今後は患者側の意識の改革も必要になってくるでしょう。

 

そのために、医師側には極力治療に必要な分だけの薬を処方してもらう協力も必要となるでしょう。そして、私達薬剤師は両者の間に入って患者さんの意識改革を積極的に行い、医師と共に残薬調整に努めていかなければならないと思います。つまりこの問題は、医師と薬剤師と患者が一体になって取り組んでこそ成せる業かと思います。この残薬問題、節薬バッグ運動を例に今後は薬剤師が中心となって、医療機関の協力を得ながら推進していくべき課題だと私は思います。

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

残薬に対する意識改革
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。