薬剤師は災害時にどう活躍することができるか?

岐阜県内の薬局や病院に勤める薬剤師らの災害薬事研修会が岐阜薬科大で行われ、避難所や救護所での薬剤師の活動について理解を深めました。
 果たして、薬剤師がどれだけ災害現場で役に立つことができるでしょうか?

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

まだ記憶に新しい東日本大震災やさらに都市機能が完全に麻痺した阪神淡路大震災の際に皆さんが現場にいたと仮定して、どれだけ役に立つことが出来たのでしょうか?

 災害時とはいえ、基本的に薬剤師は調剤および服薬指導がメインの業務となります。

しかし、災害時には物資が極端に不足し、薬も例外ではありません。もし、調剤しようと思った薬が手元にない場合、薬剤師としてとっさに迅速な行動するのはなかなか難しいものがありますね。
 まず、今、当たり前のように行っている調剤業務を想定してみてください。もちろん、薬局にないものはどうしようもないので、そのことを医師にフィード バックすることになるとは思いますが、おそらく、大体の薬局では、薬局にあるもので代替しようという発想はないと思います。スイッチOTCやスイッチジェ ネリックといった発想は少しずつではありますが、一般の患者さんにも根付いてきているのではないかと思います。しかし、こと災害時となると、それとは全く 違った発想になります。「ないものはない」、でも、「あるもので何とか」しなければなりません。

 この状況において、まともに処方を考え、そのことを的確に医師にフィードバックし、了承を得て、さらに、患者さんに不安を与えずに服薬指導を行う。これが、いかに大変なことかは、実際に体験した人でないと分からないはずです。

この発想からすれば、医薬品が現地に到着するまでは、薬剤師は何の役にも立たないことになります。本来であれば、物資が不足している地域こそ、助けが必要なはずです。そこで、こういった災害時には、特に被災地から近い薬局では自分の薬局から必要と思われる薬を提供することになります。

 では、何を持参すればよいのでしょうか?災害時に必要な薬って一体何なのかを前もって十分に考慮しておく必要がありそうです。

 通常、災害から72時間つまり丸3日間が生命の境目と言われています。それまでに、災害が発生したという情報を聞いて、現地まで本当に必要とされている薬を持参し、なおかつ、的確に服薬指導を行う必要がありますね。


 また、おそらく災害現場では、普段町の薬局ではお目にかかることのない注射剤も多くあることが想定されます。そういった注射剤を目の前にして、医師や看 護師に的確に提案することが出来るでしょうか?「いやあ、使用経験がないからその薬のことよく分からないです・・・」と言うようなセリフは実際の被災現場では通用しません。

災害時のお薬手帳の重要性

中にはお薬手帳を被災によりなくしてしまい、一刻も早く薬を必要としている患者さんもいます。高血圧や糖尿病などの方がそれに該当します。仮に患者さんが薬の名前を覚えてなかったとして、皆さんは医師の処方せんなしで調剤する勇気はありますか?

 まずは、この緊迫した状況の中で不安で堪らない日々を過ごしている患者さんから的確な情報を引き出さなければなりません。こういったケースですとヒアリング能力が薬剤師にとって非常に重要な能力になりますね。
 こういった災害が起きることを想定して、まずは、情報収集シートなどを作成し、必要な情報を漏れなく収集するための準備をしておく必要があります。

 これは、やはり実際に災害現場を体験した薬剤師に相談し、なるべく完成度の高いものに仕上げていく必要性が高いです。

岐阜薬科大学

もしもの時のために、薬局で薬剤師に何が出来るか。そして、そのために普段から何を準備しておけばいいか。そのことについて、今一度対策を考え、同じ薬局内だけにとどまらず、地域をあげて連携していく必要性があるのではないでしょうか?

 そして、今回の岐阜薬科大のように地域の薬学部あるいは薬科大学が平素から災害に備えた薬局の役割研修を行い、調剤薬局が非常時の医薬品供給機能を担っていけば、薬剤師の活躍の場が広がり、より地域における薬剤師の存在感を増していけるはずです。

これこそが本当の「かかりつけ薬局」であり、「かかりつけ薬剤師」の真の姿と思います。

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬剤師は災害時にどう活躍することができるか?
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。