白内障もいよいよ点眼で治す時代が到来か?

白内障ラノステロール点眼

「えっ!?藤原さん、カリーユニ点眼とか知らないんですか?」
な~んてこと言わないでね。
もちろん知ってますよ。

でも、あれ、毎回投薬しながら、「こんなハナクソ丸めて梅仁丹みたいな薬(笑)効くわけないやん!!」と思いながら出してる薬剤師の方、多いんじゃないでしょうか?

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

僕は現場で白内障の目薬を出す患者さんには
こう答えています。

患者さん:「この薬で白内障治るんですか?」


藤原:「いえ、治りません」


患者さん:「???」


藤原:「白内障は手術以外では完治しないんですよ~。あくまで、これ以上白内障が進行しないようにするお薬です。」


患者さん:「そうなんですか~」
藤原(心の声):「はっきり言って、進行を遅らせられるかも疑わしいです」

ノイチーム錠再評価

でも、実は過去にもこういった「実は効かない薬」あるい「実は効いてなかった薬」が保険診療で認められて
薬価がついて、医療費(税金)が無駄になってた事例ってたくさんあるんです。

最近では、「ノイチーム錠」ですね。「慢性副鼻腔炎」に効果のある薬として、クラリスロマイシン錠と共に耳鼻科領域で
これまでどれだけ処方されてきたか・・・。
20年くらい前からすでに定番の処方です。
しかもノイチームって結構薬価高いんですよね。
1錠32.6円。
昔は今よりさらに薬価がたかかったはずなので、いったいこれまでどれだけの無駄がタレ流れていたとことか・・・・。

こんな事例、他にもたくさんありますよ。
例えば、武田のアバン、カラン。
脳代謝賦活薬として、「とりあえず年寄りに出しとけ!!」みたいなノリで処方されまくって
結局、再評価で効果は認められないということになり、市場から姿を消しました。

当時、「じゃあ今までの処方はいったい何やったん?」って強く思いましたね~。

で、カリーユニ点眼も早晩アバン、カランと同じ運命を辿るんじゃないかと僕は思ってます。

実は、厚生労働省研究班が「有効性に関する十分な科学的根拠がない」と2003年6月の日本白内障学会で発表しています。
もう10年以上前です。

「え!?マジ?」

でも、薬価収載して、保険医薬品として認めているのもまた、厚生労働省なんです。

♪いや、ちょと待ってちょと待ってお兄さん
効果はないけど薬ってなんですの?
説明しろと言われても意味わからんからできませ~ん♪ラッスンゴレライ、ラッスンゴレライ♪



なぜ、こういうおかしな状況になっているかと言うと、日本眼科学会が強くこの発表に反対したからです。
う~ん、製薬メーカー、学会、厚生労働省、政治家の癒着が見え隠れしますね~。
ちなみに眼科学会、数ある学会の中でも最も政治力のある学会のひとつなんです。

年取ると誰でも目が悪くなります。白内障はほとんどの人がなる病気ですし、オペしないと完治しない。しかもそれで死ぬことがない。まさにドル箱疾患なんですよ。

ネイチャー7月22日号掲載、白内障点眼「ラノステロール」

で、前置きはさておき(前置きで90%終わりましたが)、7月22日の「ネイチャー」に掲載された論文で、ステロイドの一種「ラノステロール」を主成分とする点眼で、献眼された人間の眼球の白内障が溶けるように
小さくなったと発表されました。


これってすごくないですか?
白内障の白い濁りってタンパク変性で不可逆的なものと思っていたので、驚きです。

     山田くん
     山田くん

あくまで、献眼された人間の眼球での実験結果ですが、将来的には白内障オペの必要がなくなるかもしれませんね。
少なくとも白内障の点眼だけに「目に見える」効果を期待できそうです。


うまい!!座布団3枚!!

医学の進歩ってすごいですね。

本日の笑点はこれにて、お開きに~!!



応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

白内障もいよいよ点眼で治す時代が到来か?
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。