まだやるか?無資格調剤はグレーの巻

ご無沙汰しております。すっかりケリがついて、後は厚労省が最終的な判断を示してグレーからホワイトになると思っていた、いわゆる無資格調剤の問題ですが、またまた状況はグレーに逆戻りですか?

日本という国は、医療も含めて「十年一日」ですね。何も話が前に進まず、沈没してしまうのでしょうか・・・。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

1、無資格調剤関連ニュース

報道内容

まだ、グジグジやってるの?って感じです。

ファーマライズホールディングスが5月11日に「深くお詫びする」とコメントを出しました。


同日、日本薬剤師会は全国の都道府県の薬剤師会に「報道内容が事実であるならば、薬局や薬剤師に対する信頼を著しく損なうものであり誠に遺憾だ」とする通知を送付。「無資格者による調剤や服薬指導が行われているとすれば、薬剤師の存在をも否定されることになる」として、会員に法令順守を周知するよう求めた。


翌日12日、塩崎恭久厚生労働相は閣議後の記者会見で「薬剤師でないとできないことを薬剤師以外がやったということで極めて遺憾なケースだ」と語った。同社に対しては「詳細な報告を求め、適切に対処したい」との方針を示した。

藤原ナオヤの感想

まず、この無資格調剤に関するニュースは僕のブログで過去発言してますので、以下3本チェックして下さい。

 

厚生労働省が無資格調剤を認める!?

調剤補助(無資格調剤)の是非

調剤補助(無資格調剤)の是非(その2)

 

で、まあ非公式ながら、厚労省が薬剤師監督下の事務スタッフの調剤は認めたはずです。そしてここに来て、厚労省大臣の発言です。

いったい、この国はどうなってるんでしょうね。

 

ところで、ファーマーライズが謝罪のコメントを出したのは理解できます。

過去のブログの中で、上場企業は「君子危うきに近寄らず」と書きました。間違っていないことでも、ひとつ対応を読み違うとこういった感じで執拗にマスゴミの餌食にされやすいからです。

そして、実際餌食になったので、早々に謝罪をして火消しに走っているわけです。もちろん、内心忸怩たる思いでしょう。

2、こりゃあ出来レースだな

僕が注目したのは、マスコミ、ファーマライズホールディングス、薬剤師会、厚生労働省、厚生労働大臣の発言時期です。

あまりに周到に発言がなされてませんかね?

左画像は3月2日にファーマライズホールディングスが社外に発表した、「一部報道に関するお知らせ」です。よって、この当たりでマスコミのターゲットになっていることがわかります。この時点ではファーマライズ側は無資格調剤は行っていないと発表してます。

PDFはココから入手できます。

 

で、まあ3月、4月と厚労省内部でも揉めに揉めたんでしょうね。

厚労省内部、医薬品総務局、日本薬剤師会など関係者の間でどう決着をつけるか水面下で関係者が集まって話し合いがあったと容易に予想がつきます。

 

実際はファーマライズホールディングスが厚生労働省に頭コツンとやられて、「公式に詫びをいれろ!」と言われたんだと思います。

以下、藤原ナオヤの創作劇場です。(なぜだか関西弁です)

「親分(厚生労働省幹部)。確かにウチはフライングしましたけど、薬剤師の監督下での事務スタッフの調剤は非公式にせよ昨年の11月に認められましたよね?」

「公式ちゃうから、記憶にないな~。しかも今回は混合調剤したやろ?あかんな。詫び入れろ!」

心の声(ほんま、非公式にせよ、余計な発言が外に漏れたな・・・。俺が定年までトラブル起こすなよ。現状維持 is the best way! )

「ですよね~、親分。仰る通りでございます。事務スタッフが混合なんかしたらあかんわ。ファーマライズ君、これからはピッキングもさしたらあかんで」

心の声(ファーマライズ、やめてくれるか~?事務スタッフが調剤できるようになったら薬剤師が困るねん。それでなくても薬剤師過剰気味やねんから・・・・)

「ウチは一部上場企業です。世間の目もウルサイですし、株主の手前問題を長引かせるわけにもいきません。仰せの通りにします。公式に詫びを入れて幕引きにします」

心の声(お前らとかかわるとロクなことないわ。もう自分の身は自分で守る)


以上、すべて藤原ナオヤの創作です。事実とは全く異なります。たぶん。

で、ここから実際の発言です。


5月11日 ファーマライズホールディングス 公式に謝罪


5 月11日 日本薬剤師会は全国の都道府県の薬剤師会に「報道内容が事実であるならば、薬局や薬剤師に対する信頼を著しく損なうものであり誠に遺憾だ」とす る通知を送付。「無資格者による調剤や服薬指導が行われているとすれば、薬剤師の存在をも否定されることになる」として、会員に法令順守を周知するよう求 めた。


5月12日 塩崎恭久厚生労働相は閣議後の記者会見で「薬剤師でないとできないことを薬剤師以外がやったということで極めて遺憾なケースだ」と語った。同社に対しては「詳細な報告を求め、適切に対処したい」との方針を示した。

3、結局これから調剤補助の取り扱いはどうなるの?

また曖昧なままグレーゾーンで決着ですか?

こんな簡単なこともさっさと決められへんの?

本当は利害関係者がこの件に関して、裁判を起こせばいいんですよ。

そしたら「調剤」という言葉の定義も含めて法律的な見地から、いわゆる「調剤補助」がシロかクロかはっきりさせられるから・・・。


応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

まだやるか?無資格調剤はグレーの巻
薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。