シダトレンは普及しないかも

以前、ブログで記事にしたこともある「花粉症舌下免疫療法」ですね。⇒過去記事はコチラ
鳥居薬品のシダトレンですが、結構、処方する医師にも制約があるみたいですね~。
まず、日本耳鼻咽喉科学会、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会のいずれかの開催する講習会を受講した後、eラーニングで確認試験を受けたドクターだけが処方できることになっています。

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

一番の問題はマイナーな学会で、開催日時が限られていることですね。
希望者でも受講できた医師は多くはないと思います。

もちろん、学会会員優先なので耳鼻科医、小児科医、アレルギー科医がほとんどでしょうね。

で、あまり表面には出てませんが、治療中のアレルギーショックに対応できる大きな病院との提携関係も結んでおかないといけないみたいですね。結構ハードル高いです。


まあ、確かに体に抗原を入れるわけですから思わぬショック症状を引き起こす例もあるかもしれませんね。

加えて、患者側の心理からすると、抗アレルギー剤やステロイド剤、点鼻ステロイド、レーザー治療みたいに急速に効果を感じるわけでもなく、
最低でも2年間は通わないと効果がでないのでは、患者のモチベーションもダダ下がりで結局最後まで治療を続けられない方が続出するのではないかと思います。
しかも最初の1年間は2週間に1回の通院が必要とのこと。

花粉症の季節は「よし!減感作療法療法で花粉症完治だ!!」と決意しても、「喉もと過ぎれば、熱さ忘れる」で最後まで治療を継続できる人は全体の何パーセントいるんでしょうか・・。

結局、完治できなければ、それまで保険で負担した分がすべて「水の泡」と化します。
花粉症で原因で起こる経済損失が莫大であることは容易に理解できますが、最後まで完治させられる治療でないと全くもって意味がないと思いますね。
対症療法ではないので、すぐに症状が軽くなることもないですし・・。

先日、日本の財政の状態をブログ記事にしたときに、サービスを受ける側は「あれも、これも必要」と積みあがったのが今の財政赤字なので、また無駄が増えるんじゃないかと心配です。

最後まで治療を継続できる仕組み作りが、この治療の最も「キモ」になる部分だと思います。

 

患者さんにもお試し気分で治療を受けられないように、いったん自費診療にして「少なくとも2年間治療を継続できたら、保険分を返還しますね~」的な仕組みを作った方がいいかもですね。

でも、それじゃあ経済的に治療を受けられない人が出てくるので倫理的に問題がありますかね。

困ったものです。


応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

シダトレンは普及しないかも

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。