調剤薬局の不良在庫売買ビジネス

調剤薬局不良在庫

皆さんの薬局では不良在庫の処理はどうされてますか?中規模のチェーン店では店舗間の不良在庫をマネージャーがせっせと調整したり、管理薬剤師会議の時に管理薬剤師同士が融通したりしてますよね?

 

全国規模のチェーン店なら端末から支店内外の他店舗の薬剤使用状況をチェックして、店舗間で振替伝票を使って処分し合ったり・・・。個人レベルの調剤薬局なら、薬剤師会で同じ支部同士で不良在庫交換会などを催したり・・・。でも、本当にどうしようもなく、ただ「死を待つだけ」の不良在庫って結構発生します。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

過去にも一度、ブログ記事「薬局の不良在庫、何とかなりませんか?」にしましたが、今の日本の流通、仕入れ、投薬スタイルでは如何ともしがたいものがありますね。どれだけ在庫をきちんと管理していても、どんどん不良在庫は膨れ上がっていきます。

 

本来、薬価差益でジャブジャブに潤っていれば多少の不良在庫も目をつぶっていられるのですが、何せあの、「一桁の世界」の攻防ですから(笑)

また、調剤薬局は「正当な理由なく調剤を拒否できない」という何とも教科書的な法律に縛られてますしね。

 

「この薬、包装単位と処方量の関係で一人の患者さんのためにわざわざ仕入れたら明らかに大赤字になるから、調剤をお断りします!(きっぱり)」というのを「調剤を断る正当な理由」として欲しいのが本音です。

 

結構おもしろいビジネスモデルのご紹介

さて、まあ、ブツブツと文句を言ってみても仕方ないので今日のトピックです。まずこれまで不良在庫の問題を解決する手立ては、仕入れ段階で卸さんの分譲システム(例:メディセオとかケーエスケーなど)を使って、一般に流通する包装単位よりも遥かに小さな包装単位(シート単位や1本単位)での仕入れをするか、先述した、社内や仲間内での不動在庫の売買を行うしか方法はありませんでした。


しかし、ここ数年で薬局間の不良在庫の売買自体をビジネスにした会社がいくつか出てきましたね。


ビジネスモッデルとしては2パターンあります。

マッチングビジネス型

一つ目はマッチングビジネス型。プラットフォームを提供して、そのプラットフォーム上で見知らぬ薬局同士不良在庫の売買をするのを仲介するパターン。決済と商品配送の仲介も行っているようですね。

基本的に価格は入札方式ですので、不良在庫を抱える薬局にとっては高めの売却が可能かもしれません。

また、薬価の高い医薬品でも、ここを利用すれば非常に安く購入できるメリットがあります。

ただ、不良在庫売却と決済に時間がかかると予想されます。

 

また、プラットフォームの提供者は自社のリスクを完全に排除できます。だって間を取り持つだけですから・・・。市場参加者から一定のテラ銭を取っていけばリスクゼロで安定して収益を上げることができます。ヤフオクと同じような感じですね。

 

かなり以前ですが、2014年9月21日放送の「がっちりマンデー」で紹介された(らしい)リバイバルドラッグさんがこれにあたりますね。

リサイクル卸型

二つ目は、自社で不良在庫を買い取って、自社のサイトで販売まで行うある意味、卸さん的なビジネスモデルです。

非常に安く不良在庫を買い取って、自社で販売してしまう。

買い取るリスクがある分、高い利益率を確保できるビジネスモデルですね。

 

僕も参加しているブログ村でブログを書かれている阿部翔太さんが経営されていらっしゃるポケヤクさんがこのビジネスモデルですね。


あと、色々この系統の会社のサイトを巡回してみて調査したんですが、Pharmarketさんってとこが頭ひとつ優れてるかな~と思いました。

非常にサイトシステムが洗練されてますし、マーケティングの手法も研究されてます。ポケヤクさんもそうですが、FXDMなんかを使う辺りもシブいです。

 

実は、僕はこの薬局の不良在庫を軸にしたビジネスをやろうかな~と思ったことがあるんですよ。

もう10年くらい前ですけど・・・。モデルとしては、マッチングビジネス型。で、完全に無料でプラットフォームを提供。

数年間は赤字で運営して、利用者が増え、業界での認知度が上がった段階で、プラットフォームごと企業に売却するという出口戦略でした。

 

結局、マネタイズに自信がなかったのと、プラットフォームを運営する上で決済をどうするかとか色々悩んでいるうちにお蔵入りしたんですけどね。

意外と大化けするビジネスモデルかも

まあ、そういうことで色々書いてきましたが、今の日本の調剤薬局の内情を見るに台所は火の車です。

この不良在庫を少しでもキャッシュに変換することが可能であれば、非常に意義のあるビジネスですし、実際潜在的なニーズは大きいと思います。

今後は非常に大きなビジネスになる可能性を秘めていると思います。

 

特にリサイクル卸型は不良在庫を自社で買い取るので、それが不良在庫になってしまうという笑えないリスクもありますが、何せ買取価格が安いです。仮に薬価の2.5掛け(100円のものを25円)で買取り、薬価の7掛け(70円)で販売すれば、45円もの利益が生まれます。利益率にして64%になります。

日本全国の調剤薬局を顧客にすれば、膨大な荒利益が発生すると思います。

既存卸がM&Aしたりして・・・

同じ卸でも既存の卸はすでに行き詰っています。決算を見れば明らかです。今後の見通しも暗いでしょう。

僕はこの不良在庫ビジネスの会社で急成長する会社あれば、既存卸が買収すればいいと思います。(実際、不良在庫の買取業者はビジネスの出口を既存卸への売却にしているかもしれませんね)

 

今、行っている通常の卸業務と利益相反することも少ないでしょう。

逆に相乗効果も期待できます。まず、通常のパッケージ物を卸して開封させます。で、不良在庫になったら安く買い上げて、別の調剤薬局に高く転売する。

最初に「ウチから入れた商品なら、不動在庫になった際、買い取り価格は通常の10%アップです」と言えば、経営者は最終的に不動在庫になったときのために、帳合をその卸にするでしょう。相見積もりしても似たり寄ったりで差別化を図りにくい中、帳合をもらうという副次的な効果も期待できます。

 

ただし、この戦略は最初にやったモン勝ち。他がマネしたら結局横並びになっちゃうから。不良在庫売買ビジネスが広く浸透してきた段階で、一番大きな会社を買収、一気にマーケットシェアを取る。そんな感じですね。

 

いずれにせよ、ちょっと気になるビジネスモデルです。


応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

調剤薬局の不良在庫売買ビジネス

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。