2014年度診療報酬改定に思うこと(その1)

2014年度診療報酬改定(調剤部分)

細かい点数は3月くらいになると思いますが、いよいよ2014年度の診療報酬改定の内容が出てきましたね~。今回は消費税の増税も絡んでいるので、ちょっと複雑そうです。

 

というか、毎回思うけど、簡単にできることをこねくり回して複雑怪奇にしてると思うんですが・・・。まあ、ひとつずと興味があったとこを紹介します。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

納入価は妥結しないよ、いつまでも・・・。

まあ、上場規模の調剤薬局チェーンや悪あがきが好きな20店舗クラスの調剤薬局チェーンの経営者によくあるんですが、4月に薬価改正があっても、翌年4月以降も全く納入価が妥結しないことがあるんです。つまり、薬の仕入れ値が全然決まらない!


ご存知の方もいると思いますが、その間は暫定価格なるものでとりあえず値引きを入れて、1年以上経過して、もう次の薬価改正が来るんじゃないか!?というくらいに納入価格が妥結するんです。

 

5年以上くらい前は大体、薬価改正がある4月にすぐに納入価を決定する薬局は皆無でした。なぜかと言うと、秋くらいに値崩れするからです。って言ってもたかが知れてますけどね。


薬価改正は2年に1回なんですが、改定の後、1年くらい経つとさらに値崩れます。だから、少し前まで1年に1回相見積もりをとる薬局が結構ありました。


また、値崩れした頃に、卸さんからスポット的に値下げした商品の案内(セールス)も頻繁にありましたね。

 

この値崩れは、もちろんメーカー主導で行うのですが、卸さんはメーカとの契約で、一定以上の販売実績(売上げ)に対して販売奨励金(リベート)を受け取ることができたんです。これを原資にして、値引きを行ってきたのですが行政からの指導もあり、リベートは廃止されました。


ということで、値崩れも無くなり、スポット的な値引きも無くなり、納入価の妥結を先送りしても全然メリットはありません。まあ、調剤薬局側としては昔の習慣の名残ですかね。ちょっとでも安くならないかな~・・・と言う。


卸さん側も相見積もりで、各社どっこいどっこいの金額を出してくるのは、別にカルテルを結んでる訳じゃなくて、本当にメーカーからのリーベートが無くて、純粋にメーカーからの納入価と調剤薬局への販売価格の差がベタベタになってるんだと思います。これは卸さんの決算を見てもわかります。瀕死の状態ですね。


過去にブログで書いたことあるんですが、医薬品卸という業態の存続も危ういと、僕は考えています。まあ、それはさておき、今回の2014年度診療報酬改定とこのお話がどう関係するかですが・・・。

役人にとって自分の思い通りにならないことは許されない

ということです。

日本の薬価制度は、薬価調査というものを通じて、次の薬価を決定する仕組みがあります。おかしな仕組みなんですが、納入価が安くなってる医薬品は次の薬価改正で薬価が下がります。「そんなに安く納入できるんなら、次はもっと定価(薬価)を安くしてもいいよね?」みたいなノリですね。


だから、製薬メーカーも販売奨励金という形をとって、伝票上の納入価格が下がらないようにしてたんです。そしてエンドユーザーである調剤薬局には「値引き」という形で対応する。

 

で、この価格調査が9月くらいなんです。行政は9月くらいに実際の流通している納入価格を知りたいのに、リベートという形で実勢価格がわからなくなってる。しかも、価格調査が行われた後に値崩れが起こってる。行政にとって非常に不愉快な事態が起こっていたわけです。

 

そういった事情もあって、行政はまず一番最初にメーカーに販売奨励金(リベート)の廃止を求めた。結果、卸はスポット的な値引きもできなくなったし、9月以降にあった値崩れも起きにくくなった。

 

まあ、そういった流れで来てるんですが、前述の上場規模クラスの調剤薬局チェーンや20店舗クラスの調剤薬局経営者が依然、粘って納入価格を価格調査の時期までに妥結しない。よって、価格調査が適正に行えないという構図になってます。

調剤基本料にペナルティをかけてみよう!!

さて、自分の思い通りにならない最後の相手に行政が取った行動は・・・。そうです。


「調剤基本料を下げる」というお尻ペンペンでした。

具体的に点数がまだわかりませんが、卸さんと保険薬局との間の価格妥結率が総取引額の○割以下の場合は処方せん受付1回につき△点により算定する。


まあ、これでさすがに価格調査までに妥結するでしょうね・・・。

 

でも、僕は今の薬価制度と価格調査の仕組み自体が問題が多いと思いますけどね・・・。

 

おっと、長くなりました、続きは次のコラムで!!

 

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

2014年度診療報酬改定に思うこと(その1)

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。