花粉症のなめる新薬「シダトレン」承認

シダトレン

鳥居薬品のなめるタイプの花粉症治療薬「シダトレン」が厚生労働省の製造販売承認を受けました。正式名称は「シダトレン®スギ花粉舌下液」


なかなか画期的な医薬品ですね~。

効果効能は「スギ花粉症(減感作療法)」だそうです。まずこの薬に対するニーズが多いと思います。国民病とも言えますもんね。

この薬の何がいいかというと、対症療法ではなく、減感作による根治を目的としているところですね~。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

ところで、この減感作療法には、僕自身苦い思い出があるんです。僕は子供の頃、喘息だったんですが減感作療法を受けたことがあるんです。

皮下注射だったんですが、痛いのなんのって・・・。

もう、あの注射が辛くて辛くて・・。一人で通院してたんですが、注射の痛みの恐怖から、病院に入る決心がつかなくて、診察受付時間ギリギリまで病院の前をウロウロとしてたのを思い出します。

子供には酷な治療でした。しかも全然効果なかったし・・。

当時から減感作療法には賛否両論ありました。

今回のこのシダトレンによる、花粉症の根治はどうなんですかね~?ほんとに効くのかな?

まあ、治療が苦痛を伴わないないでやってみる価値はありそうですね。

と言う訳で、普通にシダトレンの解説じゃおもしろくないので、今日(2014年1月20日)の鳥居薬品の株価の動きをご覧下さい。

鳥居薬品株価
             2014年1月20日株価の動き

1日で21.84%の上昇。先週末17日の市場が引けたあとにプレスリリースされたので、その時点で売買指示を出して、今朝寄り付きで買っておけば、最低売買単位100株として、今日1日で35000円儲かった計算ですね。薬剤師で新薬の動向に注意してれば、こういった動きは簡単に予想できます。ちょっしたお小遣いになるので、皆さんも如何ですか?

アステラスの「スーグラ錠」が承認を受けたSGLT2阻害薬もピカ新なんですが、こちらはDPP4製剤と同じく多数の会社が製造販売に名乗りを上げているので、株価は思わしくありません。

ちょっと話がそれましたが、それでは、ここ直近の鳥居薬品の株価の動きを見てみましょう。

鳥居薬品直近1週間の株価
            鳥居薬品の直近1週間の株価変動

今日、2014年1月20日の出来高の急増と場中ストップ高は先週末のプレスリリースの影響だから自然だけど、連休明けの1月14日の寄り付き3000円から17日のプレスリリース前の3200円まで6%以上上昇してる・・・。

正直、鳥居薬品が4営業日で6%以上も上昇する要因もないので、この日に承認発表されることが事前に漏れてたんじゃないんだろうか・・。

さあ、ここから鳥居薬品の株が買って儲かるかどうか・・・という問題ですが、僕の見解では懐疑的です。(僕なら買わないという意味ですよ)

鳥居薬品は1998年にJTの子会社になったんでバックがしっかりした会社なんですが、鳥居薬品の正味現在価値(事業価値+財産価値)を発行株式数で割ったらだいたい、1株2150円くらいがフェアバリュー。

 なので、感覚的には倍ほど高い値段で取引されているという感じです。

花粉症の根本的治療薬という目新しさと、潜在的ニーズの大きさを考えてもちょっとリスクが高いかな~と思う次第です。


応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

花粉症のなめる新薬「シダトレン」承認

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。