薬局の不良在庫、何とかなりませんか?

不良在庫。う~ん、悩ましい。

どの業界にもある不良在庫ですが、調剤薬局の不良在庫には特有のイヤらしさがあると思います。

僕が思いつく、自助努力ではどうしようもない部分を考察してみます。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

1、処方単位と納入包装単位が合っていない

つまり最小包装100錠単位の仕入れにも関わらず、処方される量は14錠だったり、8錠だったりするため、よほど頻繁に処方される薬以外は必然的に不良在庫化する。

あるいは、全く同じシップ薬なのに6枚包装と7枚包装などがあり、ドクターの処方が採用品目に合わせた処方数になるため、6枚包装のシップと7枚包装のシップを用意せねばならず、いかにも非合理的。

2、返品に対する製薬メーカーの姿勢がほとんど犯罪的

10年以上前は比較的返品に対して寛容だった卸さんも最近はひどく返品を嫌う。原因は製薬メーカーが返品の受け取りを拒否するため。

 

最近では頻繁に包装変更を行い、「包装変更前の旧品なので返品は無理です」とのたまう。

明らかに返品防止のための包装変更戦略に思える。

例)メーカー全般的 、GSKのディスカス類

 

期限が十分あるにも関わらず、より長い期限の商品が出荷され出すと短い期限のもの(それでも2年はある)は返品を嫌がられる。

例)ツムラの漢方など。

3、理由なき調剤拒否はできないので、不良在庫はどんどん増える

調剤薬局は正当な理由なく調剤拒否をできない。

たとえ、その患者が二度と来なくても、抗がん剤などの高い薬を含む処方せんを持ってくれば、薬を仕入れなければならない。

おそらくこのケースだと、処方せん1枚で利益どころか、赤字10万円になることもある。

 

あるいは、たとえその患者は二度と来なくても、在庫していないシロップ10mlの処方がくれば500ml仕入れて490mlは不良在庫化。

 

4、同じ薬剤の剤形違いが意味もなく多い。あるいは意味のない合剤がありすぎ。あるいは同じような薬を各メーカーが出しすぎ

錠剤の場合で言うと、錠・OD錠。散剤で言うと、散とドライシロップ。

規格も2mg、4mg、8mg、12mgなど。

先発品なら処方されたら、そのすべてを用意しないとダメ。

 

特許が切れそうになると、製薬メーカーは合剤を発売して売り上げのカサ増を図る。あるいは、無理やり効能追加して、後発品を使いにくくする。

 

いったい同じような薬、どんだけ出してくるねん!というくらい各社発売してくる。例)DPP4製剤   

 

当然、上記のケースでは調剤薬局は処方されたらすべて用意しなければなりません。                                       

ざっと4つ、挙げてみました。

 

 

原因の根幹は大きく2つに集約されそうです。

1、製薬メーカーの無責任な販売姿勢。

2、医療システム上の不備。

さて、問題点が浮き彫りになったところで、解決策ですが・・・。

 

1と2は全く別物に見えますが、実は「製薬メーカー」と「医療システム上の不備」の間には「不都合な真実」が垣間見えませんか?

 

製薬メーカーに天下る役人はどこの官庁に所属しているのか?

あるいは、政治家に献金したり選挙の際の集票はどの組織や団体・法人が強いのか?

 

まあ、そんなところを考えて見てください。

 

で、僕がこの問題を合理的にできる立場ならこうします。

1、処方単位と医薬品流通単位を統一させる

風邪薬などは除いて、慢性疾患薬は処方単位を縛り、流通単位と統一する。例えば処方単位は1ユニット14錠として、流通単位も1ユニット14錠とする。それに必要な日数や服用量を加味して14錠の倍数処方しかできないようにする。

 

シップなら5枚を1単位として、流通も5枚1単位ベースで行う。

処方は5枚の倍数処方とする。

 

製薬メーカーに対する返品もなくなるし一石二鳥ですね。

風邪薬や抗生剤などの急性疾患系はある程度の不良在庫化は仕方ないですね。今の薬価差益でカバーできる範囲でしょう。

2、薬剤の規格・剤形は処方せんの如何に関わらず、薬剤師の判断で変更できるものとする

錠剤で処方されていても、在庫がなければOD錠でも可能とする。

あるいはその逆も可。(先発品においても)

 

散で処方されていても、DSで等価の用量で調剤可能とする。

 

5mg錠で処方されていても2.5mg錠あるいは5mg錠で対応可能とする。

 

まあ、解決策1が実現すれば、患者さんが急ぎでなければその都度必要量を取り寄せることもできます。合剤や無意味な同種同効品の問題も解決できる。

とまあ、色々と問題があるように見えますが、実質的に解決策1を実現できれば、ほとんどのことは解決してしまうわけです。

さて、解決策は分かってもどうやって実現するかですね。


関連ブログ記事:調剤薬局の不良在庫売買ビジネス



応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

薬局の不良在庫、何とかなりませんか?

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。