調剤薬局は儲けすぎ!?

医療財政が悪化している昨今、調剤薬局の技術料がよく槍玉に上げられますね。そもそも医薬分業は必要なかったとか、調剤薬局で薬もらうだけでどうして技術料が発生するのか?などです。


この話を展開させる前にある寓話をご紹介します。

確かロバート・アレンさんの著書で拝見したと記憶してます。大筋の内容はこんな感じです。

 

続きを読む前に応援クリックして頂けるとうれしいです!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

ある工場のプラント設備が壊れました。

どうしても、工場長は機械の修理ができず、専門の技術者を呼ぶことになりました。


そして、技術者はひとしきりプラント設備を見て回り、ある一ヶ所をハンマーで強く叩きました。すると見事に機械は修理され、プラントは無事稼動を始めました。喜んだ工場長は技術者に

「ありがとう。こんなに簡単に直るとは思わなかった。で、修理代はいくら?」

技術者は少し考えて

「1000ドル」と答えました。

 

工場長は驚いて

「ハンマーで1回叩いて、どうして1000ドルもするんだ!!1000ドルの詳細な内訳を出してくれ!!」と怒鳴りました。

 

技術者は涼しい顔で

「ハイ、コレです。」と内訳書を工場長に提出しました。

そこには、

 

請求書内訳

悪い箇所の特定費用 990ドル

ハンマーで叩き代    10ドル

合計          1000ドル

 

と書いてありました。

 

皆さん、どう思われましたか?

ボクは調剤薬局の技術料はこの1000ドルに似ていると思います。

実際、棚から薬を出して袋に詰める作業だけを見て、薬局の技術料は高いと不平を言ってる人はまさにこの寓話の工場長と同じですね。

 

薬剤師ならわかると思いますが、あの仕事素人には到底できませんよ。薬を棚から出して正確に薬袋に入れることすら無理だと思います。

まず、処方せん自体も読めないと思うんですよ。

 

先日、うちの薬局の在庫数数えたら1000種類超えてました。

もし、奇跡的に処方せんが読めたとして、1000種類の薬を間違うことなく、素人が薬袋にいれること可能だとは到底思えませんね。

たったこれだけのことでも難しい作業なんです。


1000メニューある居酒屋だったらちょっとミスしても客にはわからないと思いますが、薬はそうはいかない。1錠でも数が合ってなければそれで過誤。ましてや違う薬が入っていたらヤバイ。

 

加えて、もっと大変なのは、作用機序、併用禁忌や相互作用、薬物代謝の知識があってはじめて成り立つ仕事だということです。

 

調剤薬局経営者の立場でさらに言わせてもらうと、薬局を作るって結構大変なんですよ。

 

気難しいドクターへの対応、重箱の隅をつつくような監督官庁への対応、設備投資、薬剤師の確保、過剰な薬剤の在庫、どれをとってもリスクを抱えたビジネスなんです。

気軽に儲かるビジネスだと思うのであれば一度やってみるといいですよ。薬剤師でなくても調剤薬局は開設できますんで。

 

ボクは正直、調剤薬局の技術料は安すぎると思います。決してポジショントークではありません。だいたい調剤薬局の技術料って医科と1桁違うんです。もちろんお医者さんはすごい知識と経験のバックグラウンドを持っているので、技術料が高くてもいいんです。でも、ちょっと調剤料はそれに比べて安すぎませんか?ということです。

 

調剤薬局の技術料に批判的な人は、ハンマーで叩くだけで1000ドルが高いと思ってる人でしょうね。ハンマーで叩くところしか、見えてないから。その作業の背景にあるものを理解して欲しいですね。インテリジェンスフィーに対して理解が乏しい日本人の悪いところです。

 

応援クリックして下さると励みになります!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

調剤薬局は儲けすぎ!?

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。