薬剤師が加速的に年収を上げる方法(その1)

5、薬剤師が加速的に年収を上げる方法(その1)

薬剤師が年収を上げるために知っておくべきこと

自分自身がまだ勤め人として転職活動をしていたとき、不思議な現象に気づきました。

 

それはある薬局に最初から入社した薬剤師よりも転職で入ってきた薬剤師の方が年収が高いということです。

 

これはどういうことでしょうか?

 

その答えは「薬剤師の需給バランス」「前職の給与を考慮します」にあります。

皆さんは転職されるとき、募集要項に「前職の給与を考慮します」ってのを見たことないですか?

これがミソです。

 

私自身の例を使って説明しましょう。

 

自己紹介にもある通り、私はかなりの数の転職をしています。

その理由は「速くお金を稼ぐこと」、「旅に出るための自由な時間を手に入れること」、「薬剤師としての経験を効率的に速くつむこと」の3つだったのですが、今回は「速くお金を稼ぐこと」について。

 

まず、私の戦略は「前職の給与を考慮します」と「地方の薬剤師不足」を利用するものでした。

この薬剤師転職の世界は不思議なもので、なぜか前の職場でもらっていた年収は保障しましょうってのが通例なのです。

 

そこで私は薬剤師不足で破格の年収を出してくれる僻地で転職を繰り返していきました。

 

「前職の給与を考慮します」×「地方の薬剤師不足」の相乗効果

あまりにうまく行き過ぎて自分でも怖いくらいでした。

 

成功する転職する簡単3ステップにも書きましたが、まず自分が欲するものは何なのか?希望する条件は何なのか?を明確にしたのが勝利の鍵でした。

皆さんも是非真似してみてください。

その代わり、一番大事なものを手に入れる代わりにあきらめなければならないものもあります。

私の場合、犠牲にしたものは都会的な生活と仲のよかった同郷の仲間でした。

 

参考までに私が転職の際に薬剤師転職支援会社に希望した条件はこれだけです。

 

「今、日本で一番高い年収を提示してる薬局を紹介してください。

勤務地、勤務時間、どれだけ仕事がキツいかなど一切気にしません。明日からでも働けます。目いっぱいこき使ってください。」

 

担当者には必ず「本当にいいんですか?」と聞かれました。

 

年収を上げたい薬剤師の方。ここまで割り切れる度胸はありますか?

もし度胸があれば今でも確実に短期間で数百万は年収をあげることは可能です。

私が出した条件と同じ条件で今すぐに転職サイトに登録してください。

 

加速的に年収を上げる方法 その2

 

前のコラムへ<<                >>次のコラムへ

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。