薬局開設に必要な4つのキーファクター

薬局開設に必要な4つのキーファクター

1、処方せんを出してくれるドクター

 

⇒当たり前ですが、面分業と言いながら、日本の医薬分業は完全に門前分業です。このドクター探しが最も難しいです。

今から20年くらい前に分業が加速し始めた頃には、分業してくれるドクターを探すのは簡単で、選り取りみどりの取りホーダイの状態がありました。1軒開業医を押さえれば、その地域の開業医を根こそぎ囲い込むことも可能だったんです。

 

今では個人が絶対手を出せないような大規模な個人病院もあっさり地元のパパママ薬局がかっさらっていける状態でした。  

 

今、地方でそこそこの規模のチェーン薬局はだいたい20年~25年前に薬局をスタートしています。調剤薬局の黄金期でした。

 

 

2、その医院の横に土地(テナント)があるか?

 

⇒これも最近では難しくなりました。

楽に薬局を出せる場所があるところは、ほぼ取りつくされてしまいました。 都合よく、医院の横にテナントが空いているとか、道を挟んだ向かいにテナントが空いてるという状況はまずありませんね。

 

実は大阪は都会ですが、意外といい案件が残っています。とくに南部の方がいいですね。私もすごい患者さんが来てるのに院外処方せんを出していない医院さんを何軒も知っています。でも薬局を出す場所がないんですよ。 入居している他業種のテナントだったりするとお金で解決できたりするんですが・・・・。

民家ですと皆さんでは手を出すのは不可能でしょうね。

関東から進出して来た大手は、金に物を言わせて医院や病院に隣接する民家を地上げして進出してます。今、大阪は草刈場になっています。

 

 

3、資金繰り

 

⇒これ、おもしろいんですがすでに薬局経営していて、信用がある会社(薬局)は新規に薬局をつくるときほとんどお金要らないんですよ。

 

今、銀行はお金貸したくてしょうがないんですが、貸せる相手がいないんですよ。その中で調剤薬局は絶好の借り手なんです。

薬局を開設するのに必要な資金と初年度の人件費もまとめてフルローンで出ますよ。返済期間5~7年。変動金利で1%台後半~2%ちょいくらいで。

私もあまりに融資させて欲しいと営業されるので最近は銀行に顔出さないようにしています。(笑)

 

ところが初めて薬局作る皆さんは違うんです。

担保やしっかりした連帯保証人がいないと資金調達難しいですよ。

 

意見は分かれるところですが、何とかして1000万自己資金用意してください。そしたら金融機関もお金貸してくれます。

逆に節約して種銭1000万円くらい用意できないような経済観念のなさでは信用も築けないと思います。

 

お金がある人には銀行はお金を貸して、お金ない人には銀行はお金を貸さないという笑えない話でした。 

 

 

4、薬剤師の確保

 

まあ、これは自分が薬剤師なら最初は問題ないでしょう。

これすごく有利なんですよ。奥さんが薬剤師ならさらに色々とバリエーションも広がります。

 

 

そして、1~4のすべてを揃えないと調剤薬局はできません。

この4つのキーファクターを頭にいれていてください。

皆さんは薬剤師ですので、とりあえず1~3でOKです。

                  ⇒4、どこを狙っていくか?へ

 

←シェアボタン押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。