薬剤師過剰時代の薬剤師不足!?その1

3、薬剤師過剰時代の薬剤師不足!?(その1)

          6年制薬剤師の出現は影響するのか?

6年制薬剤師の登場

 

最近、よく受ける相談ごとで一番多いのが、

「薬科大学がたくさんできて、薬剤師の数が増えてくるといよいよ薬剤師過剰時代に突入するんじゃないですか?」

です。

 

経営者の立場から言わせてもらうと、いつの時代も薬剤師は不足するだろうなあという見解です。

 

ではなぜ薬剤師がどんどん増えても薬剤師不足は続くと言えるのか?

 

 

それは、求人企業のニーズを満たす薬剤師は今も昔も未来もマーケットに供給不足だからです。

 

つまり、薬剤師免許を持ってるというだけの薬剤師がいくら増えても、マーケットの需給バランスに変化は現れてこないのです。

ですから、皆さんがきちんとした社会常識と能力を持った薬剤師である限り、必ず引く手あまたの状態は続きます。安心してください。

 

逆に、今まで単純に薬剤師の名義不足を補うため(頭数を揃える)だけの目的で採用されていた人はますます転職が難しくなります。

 

薬剤師の転職を椅子取りゲームに例えましょうか。

 

今、イスの数は100席。ゲームに参加する人は100人。イスを自力で奪い取る力のある人は60人(総数の60%)の状態です。

このゲームの特徴はイスは必ずすべて埋まらなければならないということです。

 

100席のうち、自力でイスに座れたのが60人。後の40席は仕方なく残り40人に座ってもらいました。 

一応、誰もあぶれることなくイスに座っている状態ですね。

 

で、今後このゲームは参加者が増えて150人になります。

この中で自分でイスを奪い取れる力のある人は総数の60%で90人。

イスの数はさっきと同じ100席。

結果、能力のある方は無理なくイスに座ることができました。

残席10席。自力でイスに座る実力のない人が60人。

結果、残り10席を奪う競争率は6倍。

 

この構図をご理解いただけましたか?

ただ薬剤師の免許をもっているだけの方の行く末が・・・。

 

経営者としては、ほんとは残り10席も能力のある薬剤師に座ってもらいたいのです。

これが薬剤師過剰時代の薬剤師不足という意味です。

 

>>薬剤師過剰時代の薬剤師不足 その2

 

前のコラムへ<<                >>次のコラムへ

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。