調剤薬局経営のメリット・デメリット

調剤薬局経営のメリット・デメリット

個人が調剤薬局ビジネスに参入するメリット

 

1、「規模の経済」が働きにくい⇒よって個人でも大手に太刀打ちできる。

 

⇒例えば飲食業などでは規模は大きくなれば、仕入れコストは下がります。下手したら5分の1くらいまで下がります。しかし調剤薬局では大手でも個人でも技術料は同じ。薬剤納入価格も大手と比較して数%のビハインドで済む。

R幅もさほど大差ありません。しかも大手は基本料が低い集中率が高く、受付回数の多い門前になりがちですし、個人と違って本社管理コストが余分にかかります。

 

2、ビジネスモデルが陣取り合戦スタイルなので基本的に薬局運営会社の規模に関わらず出したもん勝ち。

 

⇒同じく飲食業を例にとりましょうか。会社から10秒のところにレストランAがあります。しかし味がイマイチ。ある時、歩いて5分のところにすごくおいしいレストランBができました。レストランなら、皆さん迷わず5分歩いてレストランBに行きますね。

 

ところが門前薬局ならどうでしょうか?

病院の前にA薬局があって最初からずっとそこに通っていれば、新しいB薬局が歩いて5分のところにできたとしてもまずB薬局には処方せん持って行きませんよね。まず調剤薬局ビジネスの場合5分歩くところが致命的。病院の目の前にあることが勝敗を分けます。また心理的に薬局を変えるのは抵抗がある。これが薬局ビジネスの強みです。相手が大手でも対等に勝負できる所以ですね。

 

3、売掛金回収が容易(焦げ付きがほぼない)

 

⇒これは商売したことがない人にはわからないと思います。

仮に3割負担の患者さんの場合。3割は当日に窓口で回収。残りは国が薬局の替わりに確実に資金回収してくれ、2ヵ月後には銀行に振り込んでくれる。こんな固い商売ないですよ。銀行のウケもよいです。他の商売は黒字でも資金ショートして倒産することが結構あります。

 

4、経営が比較的容易

 

⇒語弊がありますが、調剤薬局を経営するのにセンスは要りません。

 私にできたので、皆さんにもできます。薬局経営者で失敗する方の多くは欲出しすぎて、健康食品の販売や不動産取引、株やFXに手を出して失敗するんです。

 

 

 

調剤薬局ビジネスのデメリット

 

1、国の政策に左右される

 

⇒規制業種ですし(そこがメリットでもあるんですが)、今後は医療費削減で厳しい方向にいくでしょうね。

 

2、門前医院ドクターの寿命以上には薬局の寿命は長くない。

 

⇒息子さんがいたり、継承物件になることもありますが、医院が長きに渡って経営される保障がどこにもない。

病院の場合は医院よりはるかに長く続く。(ですので、大手は大きい病院しか相手にしません。)

 

3、薬剤師過剰時代と言いながら、薬剤師の確保はなかなか難しい。

 

⇒特に個人薬局に来てくれる薬剤師はなかなかいない。

都市部では改善傾向ですが、自分が薬局を経営してみればわかります。

薬局が軌道に乗ったら、最も悩まされるのが薬剤師の確保です。

 

以上です。

 

←シェアボタン押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。