薬剤師にとって出身大学は重要か?

2、薬剤師にとって出身大学は重要か?

これは薬学部生や転職経験のない薬剤師の方からよく受ける疑問です。

薬剤師出身大学

 

調剤薬局に限って言えば全く重要ではありません。

転職に限って言えば病院、MRその他まず関係ありません。

むしろキャリアが重要です。

私自身は関西の名門二流私立大学卒業です。(笑)

ですが、就職、転職で出身大学で差別や引け目を感じたことはないですね。

実際、経営者になってから薬剤師を採用する際に卒業した大学を気にしたことはほとんどありません。

意外と新卒の方や転職に不慣れな方は気にされる様ですね。

安心してください。全く問題ありませんし、気にされることは全くないです。

 

しかし・・・・・。

 

実は出身大学によって薬剤師のパーソナリティに傾向ってあるんですよ。

主観が大きくはいるのでこのお話はまた別の機会に。

 

 

 

少し話題が飛びますが、もし薬学部の学部生や高校生の方がこのサイトを見ていたら(見てないか!?)アドバイスがあります。

 

薬学部に行こうと思う方の多くが、はじめから「調剤薬局で働くぞ!」とか「MRになるぞ!」とか思って薬学部に進学したのではないと思います。

私自身も高校生の時に新薬の研究なんかかっこいいな~と思ったくちです。

 

ですのでここではっきりアドバイスを。

もし、企業の(それも東証1部上場していて、世間の方がみんな知ってるような)研究職に就きたい方は、国立大学のそれも東京大学か京都大学の博士課程までとってください。でなければ恐らく無理です。

例外もあるでしょうが、これが現実です。

 

以前サイパンに遊びに行った時、ダイビングボートで知り合った方がいまして、その方は世界一大きな製薬企業の研究職の方でした。(まあファイザーなんですけどね) ファイザーですので仮にPさんとしておきましょう。

で、関西人の私はズケズケと聞きました。

 

私:「やっぱりファイザーの研究職の方って、東大とか京大の博士課程の方ばっかりなんですかね~?」

 

Pさん:「う~ん、あまり他人の学歴気にしたことないけど、そう言えばそうかな~」

 

私:「フムフム。ちなみにPさんってどちらの大学ご出身なんですか?」

 

Pさん:「ブラウン大学

 

私:「・・・・・・・・、す、すごいですね。(どこやねん!!)(心の声)」

 

後で調べたらものすごく有名な大学でした。

無知って怖いですね。

 

 

話それました。

では、すでに学部生の方はどうするか?

 

方法はあります。

まず大学には系列というのがあります。

詳しくは省略しますが、まず京都大学の博士課程に行きたいならその系列を探します。(研究室ベースでつながっていることが多いです)

もし自分の通っている大学(研究室)がその系列なら問題なし。修士課程から挑戦してみてください。

もし、別の系列なら・・・・。

まず修士課程で京都大学の系列の大学研究室を選択し、大学院受験します。

この際、自分が今学部生として通っている大学より、偏差値の低い大学の大学院でも関係ありません。系列に入っているかどうかだけに着眼します。

そしてこの修士課程から京都大学の博士課程を受験します。

 

そうすると、最終的に京都大学の博士課程の最終学歴を得ることができるという仕組みです。

 

うちの出身大学(名門二流私大)の先輩がこの方法で京都大学の博士課程取りました。

そして見事、某有名企業の研究職として働いております。

 

もちろん、修士課程、博士課程の受験の際は難易度の高い試験が課せられます。

しかし、高校生が大学進学で京都大学薬学部なり理学部に入学するよりはかなり難易度は下がります。

 

如何でしょうか?

この手法、いま『学歴ロンダリング』って呼ばれてるらしいですね。

でも決して違法ではないし、個人的にはスマートな方法だと思います。

 

前のコラムへ<<                   >>次のコラムへ

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。