大手調剤薬局チェーンで学べること

17、薬剤師が大手調剤薬局チェーンで学べること

  ~大手調剤薬局チェーンがボクに教えてくれたこと~

今、薬学部生の皆さんの中で大手調剤薬局チェーンを第一志望にしている方。また転職活動で次の転職先を大手調剤薬局チェーンを考えている方。

あるいは、将来独立して調剤薬局を立ち上げてやろう!その修行の一環として大手調剤薬局チェーンへの転職を考えている方などいらっしゃると思います。

 

今回のコラムは以前のコラム「調剤薬局で一生働くつもりなら道は2つ」の中で紹介した薬剤師の進むべきキャリアのひとつ「大手調剤薬局チェーン」をテーマに取り上げました。

 

私自身、これまでに上場している大手調剤チェーン3社にお世話になったことがあります。同じ上場している会社でも規模によって社内カルチャーは全く異なります。その中で最も厳しく、会社組織がしっかりしていた某N社での経験を元に「大手調剤薬局チェーンで学べること」を考察してみます。

 

最初に結論を書きますが、私自身は新卒の方で調剤薬局を就職先にする場合は、大手それもN社のように日本屈指の調剤チェーンに就職することに賛成です。

さらに細かい話をしますと、もし大手調剤チェーンで一生勤めるつもりなら、最大手の少し後ろを走ってる会社。つまり大きな病院の門前薬局をメインのチェーンにしているが、少し小ぶりなところをオススメします。 (今すごく大事なこと書きましたよ。学校で言うなら、先生が黒板に何か書いて「はい、ここテストに出ま~す!」と言うくらいの大事さです)

 

これはしっかりした会社だが、まだ少し温情的な社風を残しているところという意味です。大手に勤めるデメリットを読んでいただければわかりますが、非常に重要な点です。

 

私は相当数、色んな会社で薬剤師を見てきましたが、最もレベルが高かったのはN社ですね。すべての勤務薬剤師のレベルが一定していて、中規模チェーンクラスや地方のチェーン薬局なら間違いなく管理薬剤師レベルです。

またN社で管理薬剤師が勤まった方は、下位レベルの調剤薬局チェーンならマネージャーは十分勤まると確信しています。

 

それでは私が感じた大手調剤チェーンで勤めることのメリットを簡潔に。

 

1、社会人としても基本的なマナーや厳しさを学べる。上下関係も厳しく自己規律を身につけられる。

 

2、教育システムが充実しており、会社に在籍しているだけである程度知    識面を充実させることができる。

 

3、ITスキルを学べる(というか、使えないと仕事にならない)

 

4、数値管理が厳しく自然と数字に強くなる。

 

5、保険課などレセプト専門の部署があり、しっかりしたレセプトの知識が身につく。

 

6、社内監査、社外監査がしっかりしているので、本当の意味で薬局を運営する際、何をどこまで管理しておかなければならないかが明確に理解できる。

 

7、将来にわたるキャリアパスが用意されている

 

 

>>大手調剤薬局チェーン勤めるメリットの考察へ

 

 

もちろんデメリットもあります。

こちらも簡潔に。

 

1、あまりに厳しく理不尽なことが多いため、メンタル的に病んでいく人が多い。離職率も高い。

 

2、あまりに営利を追求する姿勢が強く、社員であることと薬剤師であることの板ばさみになってしまう。

 

>>大手調剤薬局チェーン勤めるデメリットの考察へ

 

前のコラムへ<<                >>次のコラムへ

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。