就職活動(調剤薬局編)

薬学部新卒就職活動(調剤薬局編)

調剤薬局への就職

今、新卒の薬学部生の就職先として最も多いのが調剤薬局です。

他の業種に比べて非常にエントリースタートから募集期間が長いです。

ここ数年、薬学部生の就職活動開始時期は目まぐるしく変わっています。情報の更新が難しいため、具体的な時期については記事から省略させて頂きました。ただ就職活動の本質は変わりませんので、このサイトを参考にして下さい。

何らかの原因でエントリーが非常に遅くなり、もう卒業後すぐの就職に間に合わないんじゃないか?という場合でも就職できるのが調剤薬局という業種です。

実際、国家試験の合格発表後でも入社が可能なケースがあります。

 6年制の卒業で薬剤師の需給バランスは崩れつつありますが、まだまだ調剤薬局の運営企業は人材を欲しています。

時期に関わらず、まずアプローチしてみることが重要です。

 

藤原ナオヤ的なアドバイスとして、調剤薬局への就職希望が決定しているのであれば、後はどの調剤薬局チェーンに就職するかですね。

まずは、どれだけ先輩や友人に誘われても個人薬局はやめておきましょう。

条件をいくら提示されてもです。 (地方なら新卒で年収600万のオファーもあるかもしれませんが、独立する気がないなら辞めておくべきですね)

まずは、大手調剤薬局チェーンで修行するのがよいのではないでしょうか?このあたりの理由はコラム「薬剤師が大手調剤薬局チェーンで学べること」「調剤薬局で一生働くなら道は2つ」をまずは参考にしてください。

 

 皆さんの薬剤師としての人生は非常に重要です。最初の選択を誤ると軌道修正するのは容易ではありません。ですので私もあまりいい加減なアドバイスはできません。ですから薬剤師として調剤薬局経営者として、今考えられる最適なアドバイスをしたいと考えています。

 

 個人的には企業のMRを最初の就職先としてオススメしますが、調剤薬局と決めておられる方は、大手調剤薬局チェーンに就職しておきましょう。転職の多い薬剤師ですから、この先、調剤薬局チェーンへの転職を考える時期が来るかもしれません。

その際に大手調剤薬局チェーンから中規模、小規模、あるいは個人薬局へは転職しやすいです。もちろん小さな調剤薬局から大きな調剤薬局チェーンへの転職も可能です。

転職構造的な問題ではないのです。実際、私も小さな薬局チェーンから大手調剤薬局チェーンに転職したこともあります。しかしそれはかなりの精神的プレッシャーにさらされます。

要は仕事の負荷が全く異なるということです。

『水は低きに流れる』といいいますが、人間は楽な方に流れやすいです。

ですので最初に厳しい大手調剤薬局チェーンをオススメします。

そこで仕事や社会人としての基本、調剤薬局の仕事を勉強するのが、新卒の皆さんのキャリアパスとして望ましいと私は考えています。

 あと、薬学部生が就活動を始める際、リクナビの利用は必須ですので、お忘れなく。

大手調剤薬局チェーンへの就職活動を行う方はヤクステさんの就活サービスに登録しておくと何かと便利ですよ。もちろん無料です。

コチラから登録できます。

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。