調剤薬局で一生働くつもりなら道は2つ(その2)

10、調剤薬局で一生働くつもりなら道は2つ(その2)

 ~薬剤師の誰もがいずれは選択しなければならない道~

前回、「もし調剤薬局という職種を選ぶのであれば、取るべき道は2つしかない」とお話しました。

 

その2つとは

 

1、大手調剤チェーンの経営幹部になる

 

2、独立して調剤薬局を経営する

 

です。

 

ではなぜこの2つしか選択肢がないのか?

ずっと現場で薬剤師をしていくという選択肢があるんじゃないのか?

と反論される方もいるでしょう。

 

でも反論される方も胸に手を当てて、心の声を聞いてください。

それは、「そうだよな~、そうは言ったものの正直不安だな~」という声が聞こえてきませんか?

 

私自身も現場の仕事が大好きです。

20代の頃は面白みを感じませんでしたが、最近は「あ~、患者さんと話ができて、微力でも役に立ててうれしいな~」と心底思います。

世の中にたくさん仕事ありますが、きれい事抜きに人の役に立てて、それを実感できる仕事って稀ですよ。

ありがたい話です。

 

話はそれましたが、ではなぜ一生現場で薬剤師として勤務することが難しいかということについて。

 

これはもし、自分が経営者だったら・・・・と想像できたらすぐにわかります。この業界は基本的に年功序列です。

したがって薬学部卒業してすぐの新人よりも年齢が55歳の薬剤師の方がお給料が高くなります。

仮に新卒の年収が350万円としましょうか。

一方、55歳の薬剤師の年収が700万円。

2倍の年収ですね。55歳の薬剤師は新卒の薬剤師の2倍仕事ができますかね?

例えば、2倍早く調剤できる、2倍早く監査できる、2倍早く投薬できる。

 

無理ですよね。

 

いやいや知識は相当なもんだよ。それこそ2倍どころか10倍はあるよ、という意見もあるかもしれません。

 

語弊がありましたね。

本当は付加価値で比較しないとダメですね。

つまり、新卒薬剤師に比べて55歳の薬剤師は2倍の付加価値(もちろんそれは2倍の利益につながらないと意味がありません)を会社に提供することができるでしょうか?

 

恐らく無理でしょうね。            

                        >>その3に続く

 

前のコラムへ<<                >>次のコラムへ

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。