麻薬取締官

麻薬取締官

麻薬取締官は、薬物犯罪の捜査や情報収集活動を行います。厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局の、麻薬取締部に所属する公務員です。

 麻薬取締官は特別司法警察員という特別な権限を持ちます。特別司法警察員とは、特定の分野のエキスパートである公務員が、その知識・経験を活かし通常の警察官よりも円滑に捜査を進めることができるため、その分野における犯罪に限って警察職員としての権限を付与されているものです。麻薬取締官の場合、一般の警察官には認められていない、囮(おとり)捜査をする権限まで有します。


 また、医療麻薬の監督・指導のため定期的に病院、薬局、製薬会社など麻薬を取り扱っている場所への立ち入り検査をしています。不正使用を防止するためです。


 そのほか、薬物乱用者の家族や友人からの相談業務、学校などでの講演なども行い薬物乱用防止啓発活動を行っています。
薬剤師と麻薬取締官と聞いてピンと来る人は少ないかもしれませんが、実は麻薬取締官として活躍する薬剤師は少なくありません。

 

 公務員になるには通常、公務員試験を受験していないと採用試験に進めず、合格していないと公務員にはなれません。麻薬取締官の場合は国家公務員採用一般職試験の「行政」または「電気・電子・情報」をパスする必要があります。


 しかし、麻薬取締官の薬学技官としての採用は、薬剤師であれば応募資格があります。公務員試験を受験する必要はありません。薬剤師国家試験を合格していることで、薬のエキスパートで
あることは明らかなためです。


ただし、薬学技官の採用は不定期なので毎年必ず募集があるとは限らないことと、公務員であるので年齢制限には厳格な点には注意してください。現時点では、薬剤師枠での応募資格は29歳以下であることが条件です。6年制の卒業生は特に、薬剤師資格を取得してから30代になるのはあっという間なので、新卒の方は問題ありませんが転職を考えている方は早めに行動しましょう。

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。