薬剤師転職相談1

薬剤師転職相談1

⇒Mさんから頂いた相談

初めまして。都内の調剤薬局で薬剤師をしているMと申します。
突然で大変不躾とは存じますが、転職についてご意見を伺いたくご連絡いたしました。
お時間があるときに下記お読みいただけると幸いです。

私は、MR→調剤薬局(管理薬剤師含む)→医療系広告代理店→調剤薬局(現在)と転職を繰り返しましたが、
直接医療に携わりたくて、最近また調剤薬局に戻ってきました。
ただ、私の性格上だと思いますが、やはりマンネリ化した毎日や女性だけでの小さな世界にどうしてもうんざりしてしまいがちで、さらに有給も取りにくくお給料も上がらないことが最大のネックです。

そこで最近は地方派遣薬剤師で稼ぐことも考えるようになりましたが、独身なのに正社員でないことに何となく抵抗があり、決断できずにおります。
ネットで情報収集をしているうちに藤原さんにたどりつき、ぜひいろいろなご経験をされている藤原さんにご意見を伺いたく存じます。
30代半ばというデメリットも含め率直なご感想で構いません。
どうぞよろしくお願いいたします。

⇒藤原ナオヤからのアドバイス

Mさん!こんばんは。藤原です。
はじめまして。

FB、ほとんどチェックしていないのですがたまたま開いてよかったです。

相談内容拝見しました。

30歳半ばの女性ということで、結構悩み多いんでしょうね・・。

MRをやってしまうと変化の多い華やかな仕事なので、調剤薬局が退屈なのはよくわかります。
特にMさんの年齢で大学を卒業されて、最初の職業にMRを選んだということは、相当社交的な方なんだな~
という印象です。その後直接医療に携わりたくて、調剤薬局に転職されたのもよく理解できます。

調剤薬局はルーティンワークの連続ですもんね。しかも「THE・女の世界」ですしね。
さっぱりした性格の女性だと辟易されてるんでしょうね。

東京は年収はほどほど出ますが、何せ物価は高いし(特に住居費)、他の職業の年収が高いので相対的に薬剤師の年収は安く感じると思います。しかも有給が取りにくいとなるとしんどいですね。

ここからはあくまで僕のアドバイスです。

「独身なのに正社員でない」ことに抵抗があると言うことなんですが、
「正社員でないから将来的に不安定」ということでしょうか?
あるいは「周囲のMさんを見る目」という意味でしょうか?たぶん前者の理由だと思うので、それに対してちょこっとアドバイスを。

僕も20代後半で同じことを冷静に考えたんです。
仮に正社員でずっとコツコツ勤務して、自分が60歳になる頃に果たしてこの業界はどうなってるのかな・・・と。
退職金はあるのか?身分は保証されるのか?などです。

でも、結局それは誰にもわからないと思います。
そもそも業界自体が突然降って沸いた様に出てきたので、だれも新卒で定年まで勤め上げた人がいない業界なんです。

そこで僕が出した結論は、正社員だろうが契約社員だろうが、派遣社員だろうが業界自体がダメになったら結局同じということです。
どうせたいして変わらないんだったら、雇用形態の不安定さと引き換えに高い年収を取ってやろうと思ったしだいです。

僕は旅をライフワークにしているので、通常の会社員ではどうしても無理があったのも理由のひとつです。

僕は、雇用形態の不安定さをリスク、高い年収と自由度の高さをリターンとするとリスクとリターンのバランスが極端にリターン側に偏ってる特異な状況だと結論付けました。
今の時代、他の職種や業種では極端にリスク側に偏っており、これは薬剤師だけに許される特権だと考えています。

Mさんの年齢を考慮したとしても結論は同じです。
地方で稼ぐというメリット以外にも、地方は結構楽しいです。短いスパンで色んな職場を移っていけば、ひとつの会社に在籍していたら自ずと発生する独特のストレスとも無縁です。

あと後者の理由で決断できないというのであれば、それは心のあり方の問題なので何とも言えませんね。

それから、地方の派遣薬剤師をお考えの様ですが、それなら雇用形態は短期契約社員を選択された方が賢明です。
理由は単純にお金です。
派遣社員は地方といえども、派遣元に相当持っていかれます。結局、首都圏で働くのとそんなに変わらない時給になるんじゃないでしょうか・・・。
短期契約社員であれば、かなりの年収を期待できます。僕がやったみたいに個人事業主として業務委託契約方式にするなら、かなりお金を残すことも可能なんですがこれはちょっとハードルが高いのです。

いずれにせよ、「案ずるより産むが易し」ですよ。
一度地方に出てみて、失敗したと思ったらまた正社員に戻ればいいんです。現状、まだ薬剤師は売り手市場なので十分正社員に戻れますよ。

僕のアドバイスが何かの気づきになれば幸いです。では!

PS 後進のために、Mさんから頂いた質問と僕の回答、プライバシーに関わる部分を隠してサイトの方に掲載してもいいですか?
またFBに返事入れといてください。よろしくお願いします。

⇒このアドバイスに対するMさんからの返事

藤原さん
お忙しいところお返事いただき、また唐突な質問にご丁寧にお答えくださり、本当にありがとうございます!感動です!!
そして、わたしの現状と心境を的確に読んでいらっしゃり、驚きました。

わたしはいろいろ職場を移ることにまったく抵抗はないのですが、
やはり年金などの処理の面倒さや、企業に勤めている友達からみると「また変わるの?」と言われたりすると、自分に問題があるのかなと悩んでおりました。
ただ、職場を転々とできることも薬剤師のメリットですよね。
藤原さんのご意見を読み、一所に収まって変化のない環境で働くことが性に合わない自分にとっては、派遣・契約のほうがいいかもしれない、と実感しました。
あちこちで経験してスキルをあげたいとも思いますし、藤原さんのように、わたしも旅行が大好きなので、その理由もあります。

とはいえ、どこにどう登録して進めればいいのかわからないので、今週から薬剤師派遣会社などを当たり始めております。

藤原さんにお伺いしたことで悩みが少し解消されました。
お近くにいらっしゃったら直接お話させていただきたいのに、残念です。笑

長文になり大変失礼いたしました。本当に感謝申し上げます。
また、掲載については名前など省いていただければ大丈夫です。

よろしくお願いいたします。

⇒これに対して、さらに藤原ナオヤのアドバイス

Mさん、お役に立てて幸いです。
掲載の件、快諾して下さりありがとうございます!

あれから、派遣か短期契約のどちらがいいかもう少し考えてみました。
ひょっとしたら、普通の方!?にとって短期契約という雇用形態も敷居が高いのではないか?
と思ってたところに、お返事を拝見して「年金の処理」を煩わしく感じてらっしゃるみたいなので
それなら派遣の方がいいのかな・・と思いました。

派遣で限界の時給は5000円くらいかな・・・と思います。地方勤務は基本的に引越し費用(片道と往復のケースあり)と住居費が出ます。
九州(特に南部、離島)が時給が出やすいですよ。
僕はスキューバダイビングするので、沖縄を調査したことあるのですが、沖縄は時給安いです。

僕が運営しているサイト「薬剤師求人検索くん」で条件を「雇用形態」の「派遣社員」のみにチェック
入れて検索してみて下さい。ゾロゾロ求人が出てきて結構おもしろいですよ。
今、日本中で出ている求人のほぼすべてを網羅していると思います。
僕も同様の方法で薬剤師の年収・時給相場をチェックしてます。

でもすごいですよね?1日8時間で×20日=80万円/月
くらいになります。引越し費用や家賃も負担してくれるので、メチャクチャお金貯まりますね。
どうせ地方に飛ぶならどこ行っても同じです。僕も全国色々飛びましたが、九州が一番好きでした。
東京の方には九州は馴染みがないかもしれませんが、すごくいいところですよ。物価も安いし、食べ物も美味しいです。
温泉も最高ですし、何より「人」がいいんですよ~。

守備よく転職されたらインタビューさせて下さいね!

また機会があればお会いすることもあるかもしれませんね。
では!!

薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。