薬剤師求人大阪

大阪で転職をお考えの薬剤師の皆さん。大阪は薬剤師の転職が非常に多い地域です。詳細は大阪の薬剤師求人募集状況に後述しますが、大阪は医薬分業が予想外に進んでいない地域や人気のある地域、人気のない地域など様々な要因が複雑に絡まって薬剤師の募集条件が決まっています。全く状況を理解しないまま大阪で転職するのは非常に危険です。まずはおおよその相場観を知ることが必要なのですが、これは個人ではなかなか把握しづらいと思います。


そこで役に立つのが薬剤師転職支援サイトです。まず大阪府の薬剤師求人状況を「薬剤師求人検索くん」を駆使してピンポイントで調査してみてください。現在の大阪市内と堺市の各区、その他の市の調剤薬局、病院、ドラッグストアの正社員、パートの年収・時給をまとめてありますので、転職される際にお役立て下さい。


また大阪府の薬剤師求人情報は「薬剤師求人検索くん」で無料検索することが可能です。大阪府の薬剤師新着求人情報を常にチェックしたい方はメルマガ登録しておけば週2回配信(水・土)されますので、無料登録しておくことをオススメします。

 

■大阪市内の薬剤師年収相場は⇒コチラ

■堺市内の薬剤師年収相場は⇒コチラ

■その他の大阪府下の薬剤師年収相場は⇒コチラ

■大阪府の新着求人情報メルマガの無料登録は⇒コチラ

 

大阪府の最新の薬剤師求人情報をお探しの方は薬剤師求人検索くんをご利用下さい。⇒大阪の薬剤師求人情報

 

 

大阪での薬剤師転職の取り組み方

大阪での薬剤師求人募集の状況は現在、上記の通りです。

薬剤師が大阪で転職を考える場合、まず条件交渉が必要になってきます。

必ず薬剤師求人転職サイトを利用してください。間違っても知人の紹介やハローワークなどで軽はずみな転職を行わないように・・・。大阪は薬剤師の転職が非常に多い地域です。これは薬剤師の数が多いだけの理由が原因ではありません。転職したものの、そこから昇給がほとんどなかったり、最初に提示されていた条件とかなり異なった勤務条件になっている人が多いのです。そして不満が爆発して転職という流れになります。私も何度も嫌な思いをしたことがあります。そのためにも間に業者を介在させておくのです。きっちり労働契約書をとりましょう。

他の都道府県でも同じですが、よほど人事労政のしっかりした会社でないかぎり調剤薬局や病院は賃金体系は杜撰(ずさん)です。退職金規定もないか、あっても形骸化したところも多いのです。

ですので、私のアドバイスとしては、もし転職するなら入社時に可能な限り高額の年収で交渉してもらってください。

大阪の南部の地域(岸和田市、泉佐野市、泉南市)などは、表向きの提示条件は低めでも、交渉しだいであっさり条件が変わることがよくあります。皆さんは決して額面どおりの条件を鵜呑みにしないようにしてください。そのためにも交渉力に長けた薬剤師求人転職サイトを選択すべきです。

 

薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。