薬剤師の給料・年収

薬剤師の給料・年収

全国の職種別・地域別の薬剤師年収を藤原ナオヤがリサーチしています。自分の転職の際の年収相場や条件相場をチェックしたい方はコラム「薬剤師求人募集」をご覧下さい。同じ県内でも年収相場が大きく異なることがあります。実際に調査しないとわからないことがたくさんありますね。

全国の統計的なまとめは下記を参考にして下さい。

 

薬剤師は選択する職種、年齢、勤続年数によって、年収は大きく変わります。

厚生労働省の平成20年度の最新調査によれば薬剤師という大きな母集団の平均の姿は下記のようになります。

平均年齢 平均勤続年数 月収とボーナスを合わせた平均年収
40.9歳 7.6年 595万3千円

あまりにも漠然としていますね。

そこで厚生労働省の最新のデータを基に、私が見やすいように勤続年数による年収の推移をグラフにしてみました。

薬剤師勤続年数熱年収推移(全体)
グラフ1

まずは全体的に見ると薬剤師の年収は右肩上がりですね。つまり年功序列型と言えます。やはり男女平等な専門職の薬剤師でも男性の方が年収が高めですね。勤続年数で15年以上というと年齢にしておおよそ40歳くらい。そして年収は650万円程度で頭打ちであると読み取れます。それでは会社の規模によってどのように勤続年数による年収の変化が出るかを見ていきましょう。まずは従業員数が1000人以上の企業。かなり大きな企業と言えます。

薬剤師勤続年数別年収推移(従業員1000名以上)
グラフ2

従業員数1000人を超える企業では全体の指標と比べて勤続15年未満までの年収の伸びがあまりありません。勤続15年以上で一気に年収が伸びることがわかります。また勤続年数15年未満では男女の年収差があまり見られないのが特徴です。さてそれではもう少し小さな企業を見てみましょう。

従業員数100人から999人の会社です。

薬剤師勤続年数別年収推移(従業員100人~999人)
グラフ3

従業員数が100名から999名の企業では勤続年数10年目で一気に年収があがることがわかります。また勤続15年以上の社員の年収は600万円程度で頭打ちになるのが特徴です。男女の賃金差は年収が伸びるまでは男女あまり差がなく、年収が一気に伸びるときに大きな差が生まれています。これは従業員数1000名以上の会社と同じ傾向です。

それではさらに小さい規模の会社、従業員数10人~99人の会社です。

薬剤師勤務年数別年収推移(従業員数10人~99人)
グラフ4

グラフ4から従業員数が10人~90人の会社では勤続年数5年目で一気に年収が上昇しています。その後頭打ちとなり勤続年数15年目以上でさらに700万円以上に伸びていることがわかります。

女性薬剤師の年収は勤続年数に関わらず男性薬剤師より低いことがわかります。

関連ブログコラム:

薬剤師の年収はいくらが理想か?(その1)

薬剤師の年収はいくらが理想か?(その2)

 

関連コラム:

■薬剤師給料

薬剤師の方は収入が高く安定しているとされていますが、具体的にはどれくらいの給料となるのでしょうか。これは勤め先により大きく変わってくるところで・・・・続きを読む

 

■薬剤師高収入

薬剤師として勤務されている方は、一般的なサラリーマンと比較すると比較的に高収入であるといわれています。もちろん収入は・・・続きを読む

 

■薬剤師月収40万円

薬剤師の方で月給40万円ほどの金額は、平均をやや上まる収入だと言えます。平成22年度の職業別の調査では・・・続きを読む

 

■薬剤師月収50万円

薬剤師の方で「月給50万円」ほどにもなれば“御の字”だといえますが、このレベルの事例はどれくらいの経験年数で達することができるのでしょうか・・・続きを読む

 

■薬剤師年収700万円

薬剤師の方が生涯仕事を続けていく中で、もっとも大きなピークとなる年収は平均で約700万円になるといわれています。・・・続きを読む

 

■薬剤師年収800万円

薬剤師の方で年収800万円ほどになると、いわゆる“ハイクラス”の収入となってきます。一般的に・・・続きを読む

 

■薬剤師年収1000万円

薬剤師の方で年収1000万円を超えるようになれば、これは本当に数が少ない“大成功の事例”であると言えます。一般的にこの金額になるのは「医師、弁護士・・・続きを読む

薬剤師転職情報<<戻る  次のコラム>>薬剤師転職ビジネスの構造

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。