アメリカで薬剤師になるには?

アメリカで薬剤師になるには?

日本の薬剤師がアメリカで薬剤師として働きたい場合、もちろんアメリカの薬剤師免許が必要になります。

 しかし、アメリカの薬剤師国家試験を受験できるのは、アメリカの薬科大学を卒業した人だけではありません。

 

 アメリカにはFPGEC(Foreign Pharmacy Graduate Examination Committee)という外国人薬剤師を対象にした試験があります。

 外国人を薬剤師として受け入れる制度が存在するのですね。アメリカでは各州ごとに薬剤師資格を発行していますので、州によって薬剤師になる条件は変わってきます。

 

 以下は一例です。日本の免許を活かして薬剤師になりたい場合、まずはFPGEC、TOEFL、TSEという3つの試験の基準を満たす必要があります。FPGECは出題方法も形式も受験資格も合格基準も随時見直され変更されますので、常に最新の情報を確認してください。

 

  かつてはいつでも受験でき、内容もほとんど臨床的なものだったようですが、2009年には実施は年2回・基礎化学も2割ほど出題されるなど時勢に合わせて 変わっていきますので、なるべく新しい傾向をつかんで学習します。TOEFL(Test of English as Foreign Language)は550点以上が合格です。こちらは国内でも受験が可能です。参考書も多いので対策は立てやすいでしょう。


 TSE(Test of Spoken English)は50点以上が必要です。50点というとほぼネイティブ並みのスピーキング力が要求されますので、このTSEに通れず薬剤師になれないためテクニシャンとして働いている外国人薬剤師は多いそうです。

 

  これらの試験をパスし、一定期間のインターンシップを終えると国家試験(NAPLEX)を受けることができます。6年ほど前までは薬剤師不足が後押しし、 外国人薬剤師も労働ビザを得るのは容易でしたが、現在、一流といわれる大学を卒業したアメリカ人でも薬学部卒業生の就職率は芳しくなく、外国人薬剤師の就 労はかなり難しいようです。

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。