転職体験談2(ヤクステ)

今日は大手調剤薬局チェーンから中規模調剤薬局チェーンに転職したNさん(男性)のインタビューです。それではさっそく。

藤原ナオヤ(以下F):「こんにちは。今日はよろしくお願いします。」

 

Nさん:「どうも。」

 

F:「ではさっそく今回Nさんが転職するに至った経緯をお願いします。」

 

Nさん:「そうですね~。ボクは大学を卒業後、いったんコネで某警察病院の薬剤部に就職しました。でも全く水が合わず1年くらいで退職しました。その後も何回か調剤薬局を転々としています。」

 

F:「警察病院に就職してどんなところが合わなかったんですか?」

 

Nさん:「何せ、みんな変な人ばっかりなんですよ。ボクは結構社交的なんですが、みんな暗い。1日中、黙々と仕事してる感じでこんなところで一生働くのは無理だなと思いました。」

 

F:「なるほど。で、今回の転職ですが、上場規模の調剤薬局チェーンからの転職ですが、どうしてですか?その会社は割といい社風の会社だと聞いてるんだけど。」

 

Nさん:「はじめその会社に転職したときは研修のために別の店舗にいました。それで研修が終わった後に配属されたのが、今の店舗です。最初は管理薬剤師ではなくて勤務薬剤師としての勤務でした。で、しばらくしてから管理薬剤師が転勤になってボクが管理薬剤師になりました。問題はここからで、すごい大きな調剤過誤が発覚したんですよ。」

 

F:「過誤ですか・・。でもそれがどうして転職と関係あるんですか?」

 

Nさん:「その過誤は抗がん剤に絡む調剤過誤で、過誤自体が起きたのはもう半年以上前のことだったんです。で発覚したのが、ボクが管理薬剤師に就任してすぐのことでした。監査の段階で過誤が見つかり、レセコンと処方せんを調べたら、今までずっとスルーしてきた状態でした。だからボクは直接その過誤とは関係がなかったんです。誤った薬が投薬された患者さんは3名。で、そのうち2名はすでに連絡がつかない状態で、残り1名はずっと投薬を受けている方でした。

まず病院の処方元のドクターにすぐに報告して、患者さんには謝罪しました。ただ薬が薬だけに相当神経をすり減らしました。

 

実はその過誤を起こした調剤者はまだその店舗にいて、監査者は前の管理薬剤師だったんです。

そこで、ボクは調剤した薬剤師や前の管理薬剤師にも謝罪や過誤に関する仕事を手伝って欲しいと支店長を通じて相談したのですが、二人とも知らんふり。『私、もう関係ないから・・・』みたいな態度でした。本社も今の管理薬剤師が責任もって対応してしてくれ!みたいな態度でした。当時の状況もわからないし、該当する患者さん探し、当時の処方せんの抜き出しや薬歴から薬剤の投薬状況の確認、患者さんの健康被害の確認、病院のドクターへの報告すべて一人で行って本当に疲れてしまいました。何せ処方せんが1日200枚を超えていたので、店舗の2階の倉庫で処方せん探すだけでも一苦労でした。それで、店舗の仲間や本社に対する不信感が抑えられなくなって転職を決意しました。

でも、調剤過誤の問題はすべて片付けてから転職しましたよ。すべて終わらせるのに2ヶ月近くもかかりました。」

 

F:「それは大変でしたね。特に、大きな病院の前だと抗がん剤やリスクの高い処方が多いですからね。それで、今の会社を選んだ理由は何ですか?」

 

Nさん:「もう大きな調剤薬局チェーンはコリゴリだと思いました。かと言って、小さな薬局では心許ないですし・・・。間を取って、中規模クラスの調剤薬局チェーンを選択しました。」

 

F:「転職会社を利用されたんですか?」

 

Nさん:「そうです。ヤクステに登録して中規模の調剤薬局チェーンで探して下さいとお願いしました。」

 

F:「職場はすぐに見つかりましたか?」

 

Nさん:「大きな調剤薬局チェーンの管理薬剤師をしていたので、あっさり転職が決まりました。是非ウチに来てくださいという感じでしたよ。年収も現状より少しアップしたいと希望していましたが、それもあっさりOKを貰いました。前は550万円だったのですが、50万円アップの600万円です。」

 

F:「Nさんはおいくつでしたっけ?」

 

Nさん:「31歳です。」

 

F:「じゃあ、結構いい方ですね。ヤクステは利用してみてどうでしたか?」

 

Nさん:「よかったですよ。前の転職の時もヤクステを利用して、担当者と気が合ったので今回もその担当者のメールに直接相談をしました。流れで言うと、調剤過誤の問題にケリがつきそうになった段階で、ヤクステに相談して、在籍していた会社には『この件が終わったら会社辞めます』と言っておきました。それで調剤過誤の最終的な報告を出して、すぐに今の調剤薬局チェーンの人事担当者と面接。即日内定もらって入社予定日を決めました。

前の会社はその後1ヶ月くらいで退職、有休があったので実質1週間休みを取って次の会社に転職しました。」

 

F:「じゃあ、あまりゆっくりする時間もなかったですね。どうですか?今の会社は?」

 

Nさん:「満足してますよ。前の会社よりものんびりしてますし、和気藹々とした感じです。今の会社で定年までいたいですね。」

 

F:「それはよかった。それでは、転職を考えている薬剤師の方に何かアドバイスをどうぞ。」

 

Nさん:「う~ん。まず、ボクは大手の調剤薬局チェーンは向いていませんでした。スキルを磨くにはいいですけど、どこか非情な感じがします。サービス残業も多かったし。あと病院もどうかな・・・・。人それぞれ価値観が違うので何とも言えないけど、合っていないのに無理すると心も体も病んでしまいます。まだまだ薬剤師は売り手市場ですので、ダメだと思ったら早めに転職した方がいいと思います。以上です。」

 

F:「今日はどうもありがとうございました。」

 

Nさん:「ありがとうございました。」

 

 

藤原ナオヤの一言コメント

Nさんはもう大手の調剤薬局チェーンはコリゴリだと話していましが、確かに内情は結構厳しいものがあります。

コラム「薬剤師が大手調剤薬局で学べること」に私の経験を書いてあります。これから大手の調剤薬局チェーンに転職・就職を希望される方は読んで見て下さい。

 

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。