転職体験談1(アプロドットコム)

はい。今回はアプロドットコムを利用されて、短期の契約社員の仕事を見つけられたIさんにインタビューしました。

ではさっそくIさんに登場してもらいましょう。 Iさんは20代後半の女性薬剤師さんです。

藤原ナオヤ(以下F):「こんにちは。今日はよろしくお願いします。ではさっそくIさんが契約社員として今の職場に転職された経緯について教えてください。」

 

Iさん:「こんにちは。そうですね~。経緯ですか?元々、正社員は向いていないと感じていました。で、今の職場に転職する前は派遣社員として働いていたんです。でも、派遣元の会社が小さなところで何だかルーズなところがあって結局、派遣先の契約が切れると同時に派遣元も辞めてしましました。」

 

F:「なるほど。薬剤師の場合は正社員に拘らなくても別にいいかもしれませんね。結婚もあるだろうし、職に困ることは恐らくこの先もないでしょうから・・・。ところで、アプロさんを利用して転職をされたそうですが、なぜアプロさんにしたんでしょうか?」

 

Iさん:「前の派遣先の薬局は私の他にも何人か派遣薬剤師が来ていたんです。でも、派遣元は別でそのうちの一人がアプロさん経由で派遣されてました。で、なんとなくアプロさんに登録しました。」

 

F:「ボクはアプロの大山社長とは面識があるんですが、しっかりとしたいい会社ですよね。ところで今回の転職はどうして派遣薬剤師でなくて短期契約社員にしたんですか?派遣薬剤師よりもまだ不安定な雇用形態かと思うですが・・。」

 

Iさん:「う~ん、時給ですかね。派遣薬剤師は時給が2千円ちょっとだったんですが、今回の短期契約社員は3500円だったんですよ。

さっき藤原さんがおっしゃったように薬剤師はこれからも仕事には困らないと思うし、派遣社員でも短期契約社員でも、もっと言えば正社員でも結局は同じだと思うんです。だから当然時給がよい方がいいなと。」

 

F:「なるほど。ボクと全く同じ考え方ですね。女性の場合は最終的には結婚するでしょうし、定年まで正社員で働く方も稀だと思います。それならいっそ、気楽!?な身分で時給の高い仕事をするのが賢い選択なのかもしれません。ところで、その時給3500円の職場はどこですか?(笑)」

 

Iさん:「〇〇〇です。」

 

F:「やっぱり。調剤併設のドラッグストアですね。ボクも以前神戸に帰ってきたときに、アプロさん経由でその会社の仕事を請けたことがあります。あの時は時給4500円+住居費+引越し代でした。

兵庫県のとある場所で勤務だったんですが、おいしい仕事でした。今は極端に地方しかその条件では出ていないようですね。」

 

Iさん:「私の場合は大阪ですので、時給は3500円でした。一応、店舗近くの住居を用意してくれる契約だったんですが、私は実家から通っています。通勤には時間がかかりますが、一人暮らしするよりは楽チンかな・・・と思って」

 

F:「確かに・・・。その店舗はどうかわかりませんが、ボクが用意してもらった部屋はありえないほど狭いワンルームでした。話はそれましたが、あそこは勤務時間数があんまり働けない様に契約されてませんか?ボクはMAXでも150時間/月でした。」

 

Iさん:「どうだったかな・・・。確かそんな感じだったかな・・・」

 

F:「契約書はちゃんと確認した方がいいよ。あとあの会社は契約時間以外の残業に関しては、時給が逆に安くなる変なところがあったと記憶してます。ボクがいた店舗だけかもしれないけど、契約時間内(ボクの場合は月150時間)が時給4500円で150時間を越えた分は時給が850円になっちゃう計算でした。なんでやねん!!って感じです。まあそれでも超過時間分は850円で働かせて頂きました。(笑)ところで今の職場は満足してますか?」

 

Iさん:「そうですね。楽しいですよ。やっぱり契約期限が決まっているので、気持ちが楽ですね。時間はかかるのですが、電車も乗り換えナシの1本で行けて座れるし通勤も苦になりません。」

 

F:「そりゃ何よりです。では、短期契約社員として転職する薬剤師はあまりいないと思いますけど、何かアドバイスありますか?」

 

Iさん:「そうですね~。派遣薬剤師もそうですけど、短期契約社員も勤務先の方は即戦力を期待してします。例えば今の私のケースで言うとOTCの知識もすぐに必要なわけです。今まで経験がないとかという言い訳は通用しません。あたらしい職場に応じて、勉強が不可欠です。でもひとつの会社で正社員で働くよりも、ずっと変化に富んで楽しいですし勉強も楽しいですよ。皆さんも是非がんばってください。」

 

F:「そうですね。ボクからもアドバイスをひとつ。例えば何かしら目標があって、限られた時間枠の中で効率的にお金を稼ぐ手段としては、短期契約社員はいい選択肢だと思います。留学やワーキングホリデーのための渡航費用あるいは調剤薬局の独立前の資金稼ぎなんかにはもってこいですね。Iさん、今日はどうもありがとうございました。」

 

Iさん:「ありがとうございました。」

 

←シェアボタンを押して頂けると幸いです!!


薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツTOP

メルマガ登録

都道府県別の新着薬剤師求人情報を週2回配信中!!サイトには書けない裏情報もコッソリ配信します。新着求人がない場合は配信されません。

薬剤師転職相談室 藤原ナオヤに聞いてみよう!

新コーナー!!「薬剤師転職相談室」です。皆さんからの転職相談待ってます。

「いいね!」、「シェアボタン」を押して頂けると励みになります!(何か押しといて~・笑)

↓↓↓↓

藤原ナオヤ

名前:藤原 ナオヤ

プロフィール詳細はコチラ

藤原ナオヤfcaebookページ

薬剤師求人サイト総合ランキング

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

第2位

アプロドットコム

アプロドットコム

第3位

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

派遣薬剤師

第1位

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

派遣薬剤師

派遣薬剤師
薬剤師派遣会社評価ランキング

派遣薬剤師を目指す皆さ

んのために薬剤師派遣会

社の評価に特化したサイト

を作りました。 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆さんに伝えたいこと

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。そしてgoogleやyahooで検索すれば薬剤師転職サイトのランキングサイトもたくさんあります。でも何だかどれも似たり寄ったりでウソ臭くないですか?いいことばっかり書いて。あの人達はどういう根拠でオススメしてるんでしょうか?このサイトはあくまで藤原ナオヤの独断と偏見で評価しています。しかし自分の転職経験や調剤薬局オーナーだからこそ得られる情報、自分で転職経験者をインタビューした情報を統合してランキングしています。ですので皆さんが気になるマイナス評価もしっかり書いています。じっくり検討してくださいね。

重要!!

今まで仕事で訪れた都道府県

 

東北地方(宮城県、福島県)

関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)

中部地方(名古屋、三重)

北陸地方(福井)

近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

四国(高知、愛媛)

九州(福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島)

 

どこの職場でもすばらしい人たちとの出会いがありました。

いい思い出です。九州と東北の自然はすばらしかったです。

特に宮崎、鹿児島は一生暮らしてもよいと思うほどでした。